Old-Bike

欧米からみた日本のビンテージバイク。英語ドキュメンタリーを訳してみた

cb750four

GW楽しんでますか?ボクは実家に帰って、甥っ子姪っ子たちと遊びまくり、先日やっと帰宅しました。

 

実家で過ごす3日間は何もせずに過ごす・・・わけもなく、ツーリングアプリの実装だけは進めてました。

 

が、実装が思い切り遅れてます(本当はGWに入るまでにリリースすると言ってたのに終わってない・・・)。

 

さて、ここ最近は「カスタムしまくった旧い日本車に乗る海外の人たち」をテーマにした記事が連続してますが、記事を書きながら思ったことがあります。それは

 

「彼らはなぜ旧い日本車に跨がっているのか?」

 

kz550

 

eyecatch

 

 

たまたま見つけた車両が旧い日本車だっただけなのか、それとも特別な魅力を感じているのか。

 

魅力を感じているのであれば、どんなところが魅力なのか・・・

 

以前から結構、旧い日本車に乗る海外の人たちのドキュメンタリー映像を掲載してるけど、それらの人たちが語っているのはほぼ100パー英語。

 

なので何を言っているのか基本的にわからない。

 

以前に「Japanese Cafe Racer」という日本の若きカフェレーサー乗りを取材したドキュメンタリー映像を観たとき、コメント欄には欧米人と思われる人たちのコメントが多数ありました。

 

その中でも目立ったのがこんな意見。

 

「彼らはカフェレーサーの捉え方を誤っている。

 

彼らは車種やパーツにこだわり、その価格を強調してばかりだ。

 

重要なのは個人の生き方であり、どの車種に乗っているか?など全くもって重要なことではない。

 

それなのに彼らはそういった「モノ」にばかりフォーカスし、重要なことには目を向けようとはしない。

 

我々から見ると、彼らがやっていることはファッションや車種など表面的なことだけを真似る「カフェレーサーのコスプレ」である。」

 

言ってくれるじゃあないですか。

 

それなら彼ら欧米人(主にカフェレーサー乗りの方たち)は何をどう考えてるのか?

 

そこで今回は、いくつか候補を見つけて、彼らが何を語っているのか、日本語に訳してみることにした。

 

 原型が無くなるほどCB750Fourをカフェレーサーにカスタムするアメリカ人が語ること

 

記事末尾に掲載している、原型が無くなるほどイジリ倒されたCB750Fourカフェレーサーのドキュメンタリー映像。

 

この映像の中で何が語られているのか、日本語に訳してみたものを下に記載してみる。

 

これを意識しながら映像を観ると、より楽しめると思う。

 

 「もし自分が、これまでに生産されたすべてのバイクを所有するコレクターであったなら、素晴らしいと思う。

 

しかしそれよりも興味深いのは、何千と存在する車種の中でも、自分にとって特別なマシンが1台存在することである。

 

これはカフェレーサーについての話ではない。

 

どんな車種かどうかは関係なく、誰にとっても特別な車両というものは必ず存在するのである。

 

私は70年式のHONDAのモンキーを18歳の時に初めて手に入れた。

 

その時のモンキーと共にした素晴らしい思い出は今でもはっきりと覚えている。

 

そしてこの体験は無意識のうちに、これから取り上げるCB750Fourを私に選択させたのだと思う。

 

それではモンキーとCB750Fourの間にはどんな共通点があるのだろうか?

 

出会った当時は、このCB750Fourのシンプルなカラーデザインが、多くのインスピレーションを解き放つとは考えもしなかった。

 

このHONDA CB750FourのオーナーはRexという男性で、このマシンはWrench Kingsによってビルドされたマシンだ。

 

彼らビルダーは非常に良い仕事をしてくれたが、同時に単純な仕事ではなかった。

 

事実、私はこのCB750Fourがこれほどまでに美しいのかを言葉で言い表すのが非常に難しい。

 

このカラーリングは私の心を鷲掴みにしたが、それはこの車両の数ある魅力の一つに過ぎない。

 

このマシンが魅力的である他の主な特徴を、私自身うまく説明ができないのである。

 

私はこのCB750FourのオーナーであるRexが、なぜこのような毛色のマシンにカスタムを施したのか探ろうとしたが、この問いに対する明確な答えは見つけることが出来なかった。

 

そして実はRex自身も70年式のモンキーのオーナーでもある。

 

このことが何を意味するのか、私にはよくわからない。 

 

しかし一つ明確なことがあるとすれば、理屈を抜きにした「美しさ」が私たちをどうしようもなく魅了することであろう。」

 

 最後の一文はきっと世界共通だね。

 

理屈や背景、”うんちく”は個人が感じる「美しさ」に磨きをかけるものだと思う。

 

でも、その根源となる「美しさ」は見た瞬間に感じる理屈抜きの本能的なものなのだと改めて思う。

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. CB750Four 70’s秩父単車クラブミーティングへ行ってきた
  2. H1_circuit 速ぇ・・・MachⅢ(H1)のサーキット走行映像
  3. wheel 来たれ若者バイクの世界へ・・・
  4. 00042.00_03_59_27.Still046 高級レストランオーナーが乗るCB350Four映像が完成!
  5. 00000.00_03_05_06.Still001 【SRカスタムビルドプロジェクト】SRのフレームを渡してきました…
  6. H1_H2 H1とH2の死神マッハ兄弟・・・無茶すぎる走行がコワ​イ(海外編…
  7. CB900F CB750Fの次はCB900F!80年代の名車
  8. received_1235714379883499 9/16〜9/18の千里浜Sand-Flatsは10/21~10…

おすすめ記事

eyeCatchTxt 旧車はトラブル多くて維持が難しい?!実際に乗ってる人たちから話を聞いてみた

このサイトとは別で運営しているYouTubeチャンネル。コメント入力を開放しているので毎日たくさ…

business 映像関連のサービスはじめます

先日渋谷を通ったら、一眼レフカメラ+ジンバルを片手に歩いている人たちが驚くほどたくさんいた。…

inoue_mach_dark YouTubeチャンネルで再生回数を上げる方法

このサイトとは別にこちらのYouTubeチャンネルを運営しています。撮影した映像をYouTu…

motosuko 自分の中の”引きこもり”を認める・・・

 最近また懲りずに「ツーリングアプリ」の設計を再開しました(ツーリングアプリの詳細はこちらの記事…

Suke 愛知県へ遠征&空冷ZやHarley-Davidsonたちを撮影

1年前に撮影した「カフェレーサー・ドキュメンタリー(風)映像完成!空撮したよ!」出演して…

okinawa_sky3 最近の若者は平気で○○する!?

最近、知っている人(知人という意味ではなく、主に芸能人・有名人で知っている人という意味)が頻繁に…

eyecatch スケート・カルチャー(仮題)

先日、高校の頃から遊んでいる友達に久々に会ってきた。吉祥寺で待ち合わせてたんだけど、皆が来れる時…

Timer_is_short 見た目にコンプレックスを持つ10代20代の若い人に知って欲しいこと

先日久しぶりにFacebook上でフォローしている女性の書き込みを見ていたら、こんな刺激的なタイ…

eyecatch プロレベルの撮影会へ行って美人モデルを撮影してきた

面白くなってきた。このサイトは当初は「国産の旧いバイク」に限定して立ち上げたけど、メーカーや…

YoutubeSumbnail ドキュメンタリー・フルバージョンをリリースしました

先日「息子と一緒にFXに乗る美人ママのドキュメンタリー」のフルバージョン映像をYouTubeにア…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP