Blog

nostalgicbike.comは「忙しい人」には絶対にならない

cafe

「忙しい」という言葉が大嫌いです。

 

バイクに関係なくてすいません。

 

最近はあまり流行らない言葉なので、いたずらに「忙しい」を連発する人もいなくなってきた(忙しい⇒やることが多すぎる⇒ムダが多いと捉えられる傾向が強くはなってきた)。

 

それでも、忙しい人の方がエライ、頑張っているという風潮はまだまだ根強いです。

 

そんな価値観が今よりもずっと強かった15年前、社会人になって間もない頃に、同期の会社員仲間の間でよく取り沙汰されていたのが

 

「死ぬほど忙しいのと、死ぬほどヒマどちらが良いか?」

 

という究極の選択でした。

 

驚いたことにボクの周囲は決まって

 

「忙しい方が良い」

 

と言っていたけど、ボクは寸分の狂いもなく一貫して「ヒマが良い」でした。それも「死ぬほど」が付くほどヒマが良い。

 

ここだけはブレない。

 

そして、忙しい方が良いという人間は例外なく

 

「寝てない自慢」

 

「プレッシャーがハンパない自慢」

 

 をしたがる傾向が強かった。

 

こういう類いの自慢をすることも含めて「忙しい方が良い」という人の気持ちがわかりません。

 

だって「自分がマジでやりたい仕事」をやるためには、忙しかったら出来ないじゃないですか。

 

ヒマだったら自分がマジやりたい仕事を勝手にやれば良いわけです。

 

ボクは「誰からも頼まれていないけど、勝手にやりたい仕事」がたくさんあります。

 

nostalgicbike.com関連の取材、映像製作、記事執筆、サイトのメンテナンス、スマホアプリ開発、SRのカスタムビルド・・・

 

「忙しい方が良い」なんて言っているほどヒマじゃないのです。

 

逆に「忙しい方が良い」という人は、自身が関わりコントロールするプロジェクトの複雑さと規模の大きさを誇らしげに語りながら、必ずこんなふうにこぼす。

 

「おれはこんなに忙しく頑張ってるのに、なんで周りの奴らはこうも使えないんだ・・・」

 

そんなとき、ボクは奥が深く重く含蓄溢れた哲学的なアドバイスをします。

 

「イヤならサボればイイんじゃない?」

 

すると、彼らは決まってこう返してくる。

 

「そういうわけにはいかない。なぜなら俺はお金を貰っているからだ。」

 

これを逆に解釈するとですね、

 

金を貰わなければ、こんな仕事はやりたくない。やってられない。

 

と言っているのと同じです。

 

なのに「忙しい方が良い」と、まるで意味不明なことを言い出す。

 

これを考察してみると、つまるところ彼らの「忙しい方が良い」という言葉の裏には

 

やりたいことが無いので、空いた時間を忙しい風に過ごしていたい。

 

単にこれだけなんじゃないかと思う。

 

ということは、結局のところ「忙しい方が良い」と言う彼らの大部分は「ヒマである」ということになり、「死ぬほどヒマなのが大好き」なボクは「忙しい」ということになってきます。

 

なんだか禅問答のようで意味がわからなくなってきました。

 

とにかく、やりたい仕事だけやっていたい私は常にヒマでいたい。忙しいなんて金輪際イヤなのです。

 

いや~、ヒマでヒマで毎日遊んでばっかりだよ。参ったね。

 

こんな軽口をたたきながら、周囲からは

 

「あいつ、遊んでばっかりで働いてるのかよ?ナメてるよな。あんな奴はロクな大人にならないよ」

 

そんな風に言われる存在でいたい。

 

取材に・・・

 

ft250

 

映像撮影に・・・

 

cb750four_ride_fast

 

執筆に・・・

 

cafe

 

アプリ開発に・・・

 

app

 

 

そしてカスタムビルド・・・

 

p1140228

 

やりたいことらけでヒマな自分は、これらを全部やりきるために、どうやって時間を管理したら良いのか?

 

行きつけのスターバックスで真剣に「遊びの段取り」を考え始める。

 

cafe2

 

そう。nostalgicbike.comは真剣に遊ぶのです。

 

それではまた明日!

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. audition3 あまりにもレベルが低すぎる格闘映画オーディション映像で腹がよじれ…
  2. 仲間との時間
  3. kodomonokuni 大事なのは「経験」。こんなに偉そうなことを言う訳は・・・
  4. P1150760 夏なので怖い話
  5. bijin 自宅から出て1時間の間に、どれだけ美人とすれ違うか?実験した
  6. 640 書を捨て街へ出よ!度胸と根性の「フォトグラファーズ・イン・ニュー…
  7. img_20161129_000227 はじめまして、FT女子です
  8. paisen_eye カメラ新機材と新仕様のCB!!

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP