Old-Bike

超カッコいい旧車乗りたちを取材!何故”セパハン”はカッコいいのか?

toubousya

昨日は最高に楽しい週末でした。

 

最高にカッコいいバイク乗りたちと一緒に走ってきたから(但しバイクを持っていない僕はタンデムシートに乗った)

 

下は高校生から40代まで、幅広い年齢層の人たちが集まってきてくれて、横浜で走行シーンを撮影してきた!

 

今回取材に応じてくれたのは、鉄馬さん(23歳)。

 

最高にカッコ良くてワルそうなKZ900に乗っていてInstagram上で目立っていたので、取材を申し込んだのです。

 

すると甘いマスクとは裏腹に

 

「一人だと少しテレます・・・僕の仲間たちも一緒じゃダメですか?

仲間たちのバイクは、僕のZが霞んでしまうほどカッコいいですよ!」

 

もちろんOKですとも。むしろ嬉しいですとも。

 

tetsu_face

 

でもコルク半にラメラメカラーに超絶テクニカルに空吹かしする人たちが集まっちゃったりしたら、ちょっとだけ困るなぁ(もちろん嫌いじゃないんだけど、目指す世界観が違うんだな・・・)

 

そしていざ当日、そんな心配事を吹っ飛ばすような、カッケェマシンたちが集結。

 

CB400Four

 

cbr

 

eno_cb

 

katana

 

hawk

 

red_fx

 

sepahan_roson

 

皆すごく綺麗に車両を保ってたけど、当時モノ高級パーツで固めた「マニア風」な感じよりも、皆がオリジナリティを出してカッコ良くなるように工夫しています。そこがイイ!

 

そして「走る!」ことを意識した感じも最高(走行シーンは現在映像編集中です。少々お待ちを・・・)

 

そして何が一番イイって、戦闘的なセパハンがイイ!

 

ヨンフォアやZや刀はもちろん、ローソンもホークもセパハン!ってところにセンスを感じました。

 

自分にとってのセパハンのイメージは「逃亡者(悪役)」

 

セパハンって”走り”に対して戦闘的・好戦的なイメージはもちろんあるけど、

 

自分にとってのセパハン・スタイルは「逃亡」のイメージもある。

 

それもね、正義に追われるワルい奴のイメージ。

 

そんなイメージのセパハンのマシンたちを撮影している間、僕の頭の中ではずっとダムドの「New Rose」が鳴り響いていました。

 

ダムドの「New Rose」がリリースされたのは1976年。

 

今回取材させてもらった人たちが跨るマシンたちのリリース時期と被っているのも一因かもしれないけど、とにかくダムドの「New Rose」が頭の中にこびりついて離れない。

 

とある音楽家がこんなことを言っていたのを聞いたからだと思う。

 

「ダムドの曲は、強盗が逃げるときのBGMにピッタリだ」

 

そう。自分の中の「セパハン」も、ダムドの「New Rose」も、ワルい奴が逃亡するイメージなんだ。

 

だからZ400FXとCBR400Fのケツに跨り夜の横浜を疾走している間、頭の中では「New Rose」がガンガン鳴り響く。

 

「そうだ・・・オレ・・・今逃亡してる・・・」

 

そんな気持ちに陶酔しながら、ふとカメラ越しに見えた大観覧車「コスモクロック21」の時計が示す時間は23:59だった。

 

time

 

「そうだ・・・オレ・・・もう終電間に合わないや・・・」

 

この”ギリギリ間に合わない感”も、逃亡者っぽくてイイじゃないか。ワルそうじゃないか。

 

「誰かに追われている」のではなく「終電が間に合わない」という背景があまりにもショボ過ぎて自分らしい。

 

そんな疾走シーンは現在編集中なので、少々お待ちを・・・早く編集します・・・

 

その代わりといっては何ですが、上記の逃亡者のテーマ曲(?)「New  Rose」を貼りつけておきます。

 

カフェレーサーといえばジーン・ビンセントやエディ・コクランなのかもしれないし、ZといえばE.YAZAWAが好きな人も多いのかもしれない。

 

そして僕はこれらのアーティストたちのことを殆ど知らない。

 

でも一つだけハッキリと言えるのは、セパハンのマシンたちが疾走するブレブレの映像を編集しながら「New  Rose」を聴いてみたら鳥肌が立ったってこと。

 

70年代イギリスのパンクと国産バイクなんて全然結びつかないけど、”定番”とか”ジャンル”とか全然関係ないね。

 

むしろ”カッコいいもの”は定番から外れてこそだと思うし、ジャンルだって便宜上作られたものに過ぎないからどんどん壊していきたいです。

 

そんなわけで、編集頑張ります。

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました
  2. cb ヨーロッパで現行SR400、CB1100が人気上昇している現象に…
  3. dadge イカレたマシンシリーズ”V10エンジンを積んだバイク”
  4. beaf_up_640px Licks バイカーズ・グリルに行ったらバイク仲間出来た!
  5. sr カフェレーサー・ドキュメンタリー(風)映像完成!空撮したよ!
  6. SS350 国内旧車の国内仕様カフェレーサー(2ストトリプル編)!
  7. 00042.00_03_59_27.Still046 高級レストランオーナーが乗るCB350Four映像が完成!
  8. cafe_girl3 ヤバい・・・カッコ良すぎ&セクシー過ぎの女性旧車乗り映像(後編)…

おすすめ記事

yakei 「迷惑なことはやめよう」の落とし穴(前編)

YouTube上に映像をアップしていると、たくさんのコメントを頂きます。もちろんその殆ど(感覚的…

opening カッコいい映像を撮る方法と映像撮影技術の発展

最近、映像制作の世界が激熱だ。あくまで個人的に感じている話だけど、皆に観てもらえる映像を大き…

okinawa_sky3 こんなふうに生きてみたい

これまでにこのサイトでたくさん撮ってきたショートドキュメンタリー映像。その殆どは「バイク乗り」た…

sambnail2 Hot Rod Custom Show 2019インタビュー映像第1弾

先日記事にしたロッドショーのインタビュー取材映像をアップしました。YouTubeにアップされ…

junonBoy チャンネルに出演してくれた若者がグランプリ受賞

ちょっと古い話になるけど、夏にイベント取材で行ってきた「オートジャンボリー2019」。ここで…

GoodByTV 「さよならテレビ」テレビ局が作った挑発的なドキュメンタリー映画

「さよならテレビ」闇営業、ジャニー喜多川氏の死去などテレビ業界は衰退の一路を辿っていることは…

okinawa_sea 様々なプロジェクト立上げ進行中

中途半端に色々なことに手を出す。これはどちらかと言うと良くないことだというのは幼少期の頃には…

HRCS2019 ホットロッドカスタムショー2019での取材と映像編集について

今年も行ってきたホットロッドカスタムショー2019。今回も去年と同じようにオワイナイトのタク…

YuAndGifu 岐阜県大垣市プロモーション映像公開しました!

「モデルYUと一緒に行く岐阜県大垣市ツーリング」という題名は今勝手に作ったんだけど、SR50…

youtubeSumbNail 初のプロモーション映像制作!

運営中のYouTubeチャンネル「nostalgicbike」で人気の女性モデルYUさん。バ…

Business

  1. YuAndGifu
  2. business
  3. motosuko
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP