Old-Bike

無料でビンテージバイクを提供する企画!!!

RD250

絶版バイクの最大手の株式会社ウエマツが、こんなステキな企画を打ち出してます。

 

抽選で1名様にRD250をプレゼントします!

 

RD250

 

どうもウエマツの福岡支店オープンに伴うキャンペーンのようです!

 

以前にも記事で取り上げましたが(RD350)、RDってすごくカッコいいんだよなぁ!

 

価格高騰の超人気車じゃないところも良いね!!

 

そんなわけで、さっそく申し込んでみた!

 

なぜなら、nostalgicbike.com主宰者はバイクを持っていないからです。

 

でもこれまでに乗ってきた旧車は全てウエマツで手に入れた

 

ウエマツといえば、その昔に僕がヨンフォアを手に入れたのも、マッハを手に入れたのもこのお店でした。

 

 ヨンフォアを手に入れたのは2002年の春。

 

学生時代にGSやKHに乗っていた友人たちは、口々に「旧車、ビンテージのバイクを買うなら専門店が良い」と言っていました。

 

確かに専門店(これもウエマツ)から手に入れた友人のGS400の調子は上々。

 

対して専門店ではないお店から手に入れたKH400はエンジンを掛けるのも大変だった(笑)

 

まあ、4スト2気筒と2スト3気筒という、全く異なる種類のバイクで「お店の比較」なんてできません。

 

でもそんなことを知りもしない学生当時は、友人の調子の良いGS400をみて、

 

旧車、ビンテージバイクを手に入れるならウエマツ!!

 

と決めていました。というか他にも色々な専門店があるという認識自体が薄かった気もします。

 

なので、ヨンフォアを手に入れる準備が整った瞬間にウエマツへ駆け込んで契約したという背景。

 

そして納車整備完了を待ちに待って、ヨンフォアを取りに行った、とある日曜日の夕方。

 

あの時のドキドキは今でも忘れられない。

 

当時の営業部長の枝川さん(現副社長)に、色々と丁寧に説明を受けながらも会話は上の空・・・

 

「・・・・説明は以上になりますが、質問などあれば遠慮なく聞いてください」

 

と言われて

 

「そんなことよりも、早く乗りたくて仕方がないです」

 

と答えたくらい、乗りたくて乗りたくて・・・

 

 そしてワクワクでお店を出て一時間ほど走り、自宅周辺まできた辺りで、みるみるとエンジンの回転数が下がり、エンジンストップ・・・

 

あれ・・・?セルを回してエンジンを掛けても、またすぐにプスンと止まってしまう・・・

 

心配になって、とりあえずガソリンスタンドに入り、ガソリンを入れてもらったら、ガソリンコックからガソリンが漏れてきた!

 

慌ててスタンドのお兄さんに

 

「これ、どういうことですか?!」

 

「・・・わかりません・・・」(当たりまえ)

 

更に慌ててバイクに詳しい友人に電話すると

 

「そんな旧いバイクを買うからだ」

 

的なことを言われ、パニックになりそうな自分の脳裏に、ウエマツの枝川さんの言葉が浮かびました。

 

「納車時にはガソリンは最低限しか入れてませんので、早めにガソリン入れてくださいね。

 

あと、ガソリンを入れるときには、ガソリンコックをオフするようにしてください。

 

勢いよくガソリンを流すと、ホースからガソリンが漏れることがありますので」

 

そんなわけでガソリンを入れた瞬間にエンジンは復活(というか単なるガス欠)。

 

納車時にはウキウキでも、説明はちゃんと聞きましょう。

 

その後というもの毎週土日は一日中走り、まとまった休みには北は青森、南は鹿児島まで、とにかく走りに走りまくりました。

 

にも関わらず、ほぼメンテナンスせずにトラブル知らずで走り続けました。(但し2年に一度の車検の時だけ、ウエマツでヘッドを開けてもらったり、それなりに整備して貰いましたが)

 

とにかく、約12年間付き合ったウエマツのヨンフォアは最高でした。

 

そのあと、ヨンフォアとマッハを引き取ってもらったのもウエマツ・・・・

 

 ヨンフォアを引き取ってもらいに、スタッフに自宅まで来てもらったとき

 

「大事に乗り続けたヨンフォア、手放しちゃうんですか?」

 

と聞かれた。

 

「はい。また取り戻すので大丈夫です」

 

と答えたら

 

「でも、コイツにはもう一生会えないと思いますよ」

 

と言われて少しグラついた。でも手放すのは経済的な理由からではなく、「自分への決意表明」的な意味合いもあった。

 

「もう決めましたので」

 

とキッパリと言い残し、手放したヨンフォア・・・

 

今となっては超後悔している。

 

RDも大事に乗ってくれるオーナーのもとへ旅立つことを願います。

 

応募期間は2017年1月20日(金)~2017年4月19日(水) 23:59まで。

 

応募は誰でも出来る!

 

詳しくはこちらを!

 

あぁ・・・ライバル増える・・・

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. aya_evo 超カッコいい女性バイク乗り動画を見つけた
  2. YoutubeSumbnail ドキュメンタリー・フルバージョンをリリースしました
  3. takeshita 都会の青い夜明けの中を走る「朝Run」に参加
  4. sidebulve_color ロコハマナイトで旧いハーレー撮ってきた
  5. eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました
  6. capture プロ級の旧車映像製作プロジェクト始動!!
  7. gallery_template9 GS400カフェレーサー海外仕様と日本仕様の比較
  8. zetusai 2017年10月1日は絶版二輪車祭!

おすすめ記事

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞!史上初の快挙

先日観に行って感銘を受けた「パラサイト 半地下の家族」ホントに面白かったけど、先日ブログに書…

ferariEyeCatch フェラーリに乗る金持ち青年社長ドキュメンタリー製作中

先日記事で書いた「金も地位も無くても最高に自由で幸せな人のドキュメンタリー制作中」こういうの…

PowerOfmemo 「メモの魔力」

最近、投稿するブログの分野にますます全く統一性が無くなってきたけど、この方が心地が良いのでこのま…

SorryWeMissedYou 「家族を想うとき」ケン・ローチ最新作をみて

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督の最新作ということで「家族を想うとき」を観てきた。学生時代に観…

freeman 金も地位も無くても最高に幸せな人のドキュメンタリー制作中

最近取り組んでいる「ドキュメンタリー制作」が面白い。前回書いたように「自分が観たい」と思うような…

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」が最高であることと韓国映画の特徴

ここ1〜2年、映像というキーワードを意識するようになってから映画を観に行くとき「映像制作の参考に…

motown_locohama 2020年にYoutubeでたくさんの再生回数を稼ぐ / チャンネル登録される動画とは

このサイトでは「旧いバイク好き」な運営者が色々な旧いバイク乗りの人たちのドキュメンタリーを撮って…

BackLashFullBlogTitle BACKLASHを追った長編ドキュメンタリー完成!

時は遡り、去年(2019年)の秋口に撮影したレザーブランドBACKLASHのスタッフ笹森さんとオ…

yakei 「迷惑なことはやめよう」の落とし穴(前編)

YouTube上に映像をアップしていると、たくさんのコメントを頂きます。もちろんその殆ど(感覚的…

opening カッコいい映像を撮る方法と映像撮影技術の発展

最近、映像制作の世界が激熱だ。あくまで個人的に感じている話だけど、皆に観てもらえる映像を大き…

Business

  1. YuAndGifu
  2. business
  3. motosuko
BackLashFullBlogTitle
  1. before_start2
  2. chiinEye
  3. Triumph
  4. 350ss
  5. eye
  6. impara_eye
PAGE TOP