Business

祝!ファンの数7000人突破しましたぁ!!

iine

昨日、サイトをメンテしていた時に、ふとFacebookのファン数を見てみたら、7000人を突破してました!

(ちなみにファン数とは、nostalgicbike.comのFacebookページに「いいね!」してくれた人の人数を示します)

 

iine

 

ほんとにありがとー!!!

 

最近はファン数を意識することがほとんどありませんでした。

 

特に最近は「ファン数を増やすための施策」(例えば広告)のようなことも何もやってなかったので、ファンが増えてくれていること自体に気付いていなかった。

 

 最後にファン数を確認したのが多分2ヶ月ほど前。このときは確か約6000人だったので、

 

約2ヶ月間で1000人近くの人が新たにファンになってくれた計算になります。

 

これって本当にスゴいことだと思いますし、これだけ人数がいるにも関わらず、他人が不愉快になるような書き込みをして荒らすような人が殆どいないのはもっとスゲェ!

 

「Facebookは実名だから、炎上することが少ないんだよ」と指摘する人もいますが、7000人となれば話は別です。

 

実際、1000人程度のFacebookコミュニティでも、大炎上しているところを僕自身何度か見たことがあります。

 

世の中には「炎上」を意図的に起こす人もいる。

 

もっと言うと、世の中には「炎上」をわざと発生させる人もいます。

 

炎上とは皆さんご存じの通り、特定の人や組織に対する「罵詈雑言」や「痛烈な批判」が殺到することを示しますが、痛烈な炎上が発生するほど得をする人がいます。

 

それはメディア運営者。

 

炎上すると注目されて、野次馬が集まってくれる(要はアクセスが増える)から、結果的にWeb広告をクリックする人が増える。そうするとメディアを運営する人への「広告収入が増える」ことになる。

 

だから、わざと他人の怒りを買うような発言や記事を書いて、批判好きな野次馬を意図的に集める。

 

批判好きな人は勝手にSNS上で「リンクをシェア」しながら批判して、それを見た批判好きの人が更に「リンクをシェア」して・・・

 

こうやってSNS上で人から人へ情報が拡散していくことを「バイラル・ループ」 と呼びますが、炎上ネタはループの拡散スピードが特に速いのだそうです。

 

要は短い時間で大量のアクセスが見込める。

 

そうすると、先述の通りメディア運営者にはアクセス数に応じた広告料(広告を貼っていれば)が入ることになります。

 

ところが、この「炎上」は広告料の増加に加えて、もうひとつの結果を運んでくるのだとか。

 

それは「そのメディアに集まってくる人の多くが ”批判大好き人間ばかり” になり、メディアは常に荒らされようになる」ことだと(とある大手メディア運営者から聞いた話です)。

 

だから、というわけではないけど、このサイトではこれからも「批判」はしません。

 

ロケットカウルを付けただけの国産の旧車の走行映像をYouTube上に載せただけでも

 

「クズ」「死ね」「珍走団」「マジ迷惑」

 

と罵詈雑言コメントをYoutube上に書いてくる人は必ずいるし、取材を申し込んでも無視されたり、「God Speed You」のDVD発売記事を掲載しただけで説教されたこともあります。

 

でもこのサイト自身は、どんなに攻撃されても、他人や自分自身の前進を妨げるような批判はしない。というポリシーは変わりません。

 

たまに「愚痴」は言うけど・・・

 

それよりも、先日掲載したアプリ制作カフェレーサーの制作、より本格的な映像制作などなど、やりたいことが山ほどたくさんある。

 

だから今後もファンの数は意識せずに楽しんでいきます。そう。ファンの数は関係ないです。感謝することは重要だけど「数」は重要ではない。

 

だからファンの数は意識しない。

 

でも「ファンの数を意識しない」「ファンの数は関係ない」と言葉に書く瞬間、「ファンの数」を意識することになります。

 

 「「ファンの数を意識しない」「ファンの数は関係ない」と言葉に書く瞬間も、「ファンの数」を意識することになります。

 

と書いた瞬間も「ファンの数を意識」することになります。

 

この「○○を意識しない」って思い切り矛盾してるんですよね。

 

例えば「あなたの目の前に、黄色のテニスボールが浮かんでいることを想像しないでください」と言われて、テニスボールを想像しない人は存在しません。

 

「○○を意識しない」と強く思うほど意識することになるので注意しましょう。

 

禅問答のようなくだらないことを書いていたら、もはやファンの数が頭にこびりついて離れません。

 

もうこうなったら、今年度中にファン数1万人達成を目指そうかと思います。

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. hotrod_25th 12/4(日曜)はパシフィコ横浜でHot Rod Custom …
  2. tahara 田原総一郎というブッ飛んだドキュメンタリストの意外な過去
  3. 77side_single1503forsite600 SNAKE MOTORSの初期型生産終了キャンペーンは7月25日…
  4. smartphone 「ツーリングアプリ」の開発スタート!!
  5. top こんなサイトにnostalgicbike.comを紹介して頂きま…
  6. P1080508 イラン人の友人を持って感じた「国民性」
  7. houshin 少しの拒絶反応があったとしても
  8. kozukue サイトのファン数が4000人を突破しました!

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP