Business

「カッコいい」と思う自分のセンスを大事にする

20160730_191456

ホンダのイタリア現地法人がこんなCB1100を発表したそうです。

 

 

4発のスクランブラーなんて、スゴいインパクトじゃないですか。

 

カッコいいものに「インパクト」は欠かせない。

 

そして、やっぱりこのCB1100は結構欲しい現行バイクの一つです。

 

ノスタルジックなデザインも好きだし、現行車の安心感も併せ持っています。

 

僕はビンテージが大好きです。でも「現行車はダメ」というセンスには強く反発します。

 

これと逆に「こんな旧いポンコツを高値で買う奴は・・・」という”旧いもの批判”も同じ。

 

旧くて美しい名車には惚れ惚れするし、AKIRAやトロンに出てくるような何十年経過しても”いつまでも近未来バイク”もまた別の意味でカッコいい。

 

つまり「カッコ良さ」とか「価値」は多様性に富んでいて、それと同時に人それぞれが主観で感じる”形無きもの”です。

 

だから自分の感覚で、その「多様な良さを肌で感じ取ること」がセンスの良さだと思うし、その感覚は自分だけのものでもあります。

 

そんな唯一無二の自分だけの感覚を他人に押し付けることはできないし、ましてや他人の感覚を批判する意味なんかこれっぽっちもないわけです。

 

これさえ分かっていれば、他人が好きなものを否定したり批判したりするはずがないと思っています。

 

なぜこんな話をするかと言いますと、とある若者がバイク屋さんに遊びに行ったら「自分が大事に乗っている旧いバイクについて」延々と説教されたという話を他のSNSで見たからです。

 

「こんな古いものが高値で取引されるなんておかしいでしょ?」「バイクの価値っていうのはね・・・」って・・・もう・・・いいじゃない・・・価値なんてそもそも実態のないものなんだし、ましてや価値の感じ方なんて完全無欠に自由なんだから・・・

 

違法改造を知らずにやっている人に「これは違法だよ」と教えてあげることには意味があると思う。

 

違法であることを知った当人が「違法だからやめる」のか「これまで通り違法でもやる」のか、より良い選択を自分の意思で決定する機会を与えられるからです。

 

つまり「違法だよ」と指摘してあげることは、その人にとってより良い未来が生まれるチャンスを与えることになります。

 

でも、違法でも何でもないバイクを好きで乗っている人の「好き」に対して「その”好き”は間違いだよ」と正そうとする意味って・・・?

 

「旧い年代のバイクに魅力を感じて乗っている」ことを否定する意味がどこにあるんでしょう・・・?

 

これは逆に機会を奪う方向にしか力が働かない。

 

こういうことするお年寄りの人、たまに見受けられます。そして自分は「間違えた感覚を正そうとしている」と思っているかもしれないし、批判すること自体も自由です。

 

でも、その正しさは自分だけのものだし、その正しさを他人に叩き込もうとしたところで何一つ尊敬されないし、偉いとも思われません。

 

何よりも自分の自尊心を満たすという理由で、他人の楽しさを奪っていることを自覚して欲しいです。

 

以前に横浜のスキャンに遊びに行ったとき、社長がこんなことを言ってました。

 

「こないださ、俺から見たらすごく趣味の悪い改造してる人がいたんだよ。

 

でもその人のバイク見て

 

「これいいね!サイコーじゃん!」

 

って凄く褒めてる人がいたんだよね。

 

オレは何も言わずに黙ってたんだけど、その人があとからオレんとこきて

 

「なぁ・・・さっきの改造・・・あれどう思う?!おれ、ちょっとヒドイって思っちゃったよ・・・」

 

って言うからさ

 

「さっきは「いいね!サイコー!」なんて褒めてたじゃん!!嘘つくなよ!」

 

って突っ込んだんだよ。そしたら

 

「俺が言ったのは、バイクに対してじゃない。

 

「そのバイクが大好きな気持ち」に対して「いいね!サイコー!」って感動したんだよ。

 

おれは嘘なんて一つも言ってないぜ」

 

って言ってたよ。

 

そのとき「あぁ・・・なるほどね・・」って思ったんだけどさ」

 

センスは人それぞれ。自分がカッコいいと思うものは揺るぎないし、変える必要もない。

 

だから他人の「好き」を奪う必要もありません。

 

それでも批判をしてくる人への対処法はひとつ。

 

気にしない。

 

これが一番ってところに(自分の中で)落ち着いてきました。

 

なのでこの辺で終わりにしましょうか・・・

 

常に年寄りからの批判に晒される若い人たちには、自分だけの唯一無二のセンス、「カッコいい」と感じる感覚を是非大事にしてほしいです。

 

批判など恐れずに。

 

実際、ある程度年を取ってくると、若い頃から全力で好きだったものが財産になっているのがよくわかります。

 

今の世の中「正しいこと」なんて、手のひらを返したように簡単にひっくり返っちゃうけど、自分の価値観は手のひらを返したりしません。

 

”誰から見ても正しいものは、誰の心にも刺さらないつまらないものである” By・・・・

 

誰だったっけ・・・

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. uplink_eyecatch 意外すぎる都内街乗りツーリングスポット(前編)
  2. hosomichi 「恐怖の細道」岐阜県のお化け屋敷が7/25より開催!
  3. slideny 2017年もよろしく!まずはサイトをリニューアルしました
  4. kodomonokuni 「早起き日記」この世で一番つまらない記事を書くことにしてみました…
  5. womb16th1-thumb-822x548-46503 Wombの16周年記念イベントが2016/4/9(土)に開催!!…
  6. app バイクとITの一体化!!ソフトバンクとトヨタの提携と同じことがバ…
  7. ebisu 最近Instagramにハマってます。
  8. P1100751 海外から見た「日本の面白さ」とは?

おすすめ記事

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

kaigai 海外からの視聴者が激増中

先日、何気なくYouTubeの地域別の視聴回数割合を見てみたら、日本での視聴回数割合がガタ落ちし…

eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました

先日撮影させてもらったキャンプラリーを主催している @Owaiknight が、早朝Runを企画…

kimura Hot Rod Custom Show 2018に行ってきました!

行ってきましたHot Rod Custom Show 2018今回はプレスとして入場するので…

hrcs2016 Hot Rod Custom Show 2018は12/2(日)パシフィコ横浜にて

タイトルの通り今年もHot Rod Custom Show 2018が12/2(日)にパシフィコ…

business 怒涛の出世&有名になった大学の同期と自分の違い

先日、ニュースサイトのリンクを辿っていたら、こんな記事が目に飛び込んできた。LinkedIn…

set ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト

先日紹介した「ヘルメットで髪型ペッタンコ改善プロジェクト」にて、前回に引き続いてカットモ…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP