Old-Bike

2スト・トリプルの専門ショップ「トライスターズ」を取材した!!

kanban

先日は、このサイトでも取り上げさせてもらっている、モヒカンBobbyさんより紹介してもらった「トライスターズ」を取材してきた。

 

先日、仕事中にBobbyさんからメッセージがあり

 

「トライスターズは取材に行きましたか?もしまだであれば、アポ入れておきますよ♪」

 

もちろん行きたいです。その旨の返事を3日後にしたところ、間髪入れずに返信が。

 

「アポ入れました」

 

Bobbyさんのスゴいところはここ。とにかくマメで行動が確実で速い。Bobbyさんありがとー!

 

YouTube等で何度も見かけたことはあるトライスターズ。河口湖のビッグイベント・オートジャンボリーでも「トライスターズ」とペイントされた車両も見たことがあるから、知っていました。

 

社長の松田さんと電話で連絡を取り合い、詳細な時間を決めて、いざ東京青梅へ向けて出発。

 

トライスターズへの取材当日

そして当日出発前は少し緊張気味だったけど、Bobbyさんの紹介だから大丈夫。いや、むしろBobbyさんの紹介だから心配な部分もある。いや、正直に言うとBobbyさんの紹介だからこそ怖い。

 

なぜならBobbyさんは見た目こういう方だからです。

 

city_bobby_up_up

 

forest_bobby

 

トライスターズの社長はどんな人なのか・・・

 

小作駅から歩いて10分ほどの場所にあるトライスターズ。駅から早足でお店に向かうと、数十メートル先にトライスターズが見えてきた。

 

と同時に、お店の中から黒いシャツを着て、シルバーのネックレスをしたガタイ良好のタフガイがお店から出てきました。

 

こちらには気付かず、自動販売機で買い物をして店に戻っていく。

 

顔は見えなかったけど、黒いシャツにシルバーのネックレスをしたガタイ良好のタフガイという時点で、少なくとも見かけは強そうな人であることは確かです。

 

この人が松田社長なのか?こういう一見強そうに見える人は、礼儀や仁義を重んじるに違いない。ハキハキと快活に礼儀正しく振る舞えば大丈夫。

 

そう言い聞かせながら、名刺を素早く出せるように、鞄から名刺を取り出そうとしたときに気付いたのが、

 

名刺忘れた。

 

不安を抱えながらも、そのまま一直線にお店に入ったときに、優しく出迎えてくれたトライスターズの松田社長(下の写真)。

 

trystars_waikoh

 

編集部「あのぉ・・・・Bobbyさんからの紹介で伺いました、nostalgicbikeですが・・・・名刺忘れました・・・」

 

松田社長「どうもはじめまして。トライスターズの松田と申します」

 

驚きました。話すと口調と言葉が穏やかで、怖そうな雰囲気の欠片もない。

 

すいません。上の写真は20分ほど撮影した映像の中から、一コマ一コマ嫌がらせのように「怖そうな表情」を探し出して、たまたま下を向いた瞬間をキャプチャしたものです。

 

実際には終始こんな感じで、ビックリするくらい穏やかな松田社長は、缶コーヒーを差し出してくれた。

 

trystars_smile3

 

さっき自動販売機で買っていたのは、おもてなしのためのコーヒーだったんですね。

 

良かったタフガイ・・・心から安心・・・・

 

2スト・トリプルを得意とするトライスターズの工場内は結構広く、サーフボードなんか飾ってあって洒落ている。

 

surf

 

松田社長「ぼくはこのショップを始めて10年ほどになりますが、その前は美容室を経営してたんですよ。だからずっと女性相手がメインで接客をしていたので、「バイク屋にしては人当たりが良い」って驚かれることが多いですね。」

 

編集部「元美容室経営者!?凄いですね。美容室は手放しちゃったんですか?」

 

松田社長「手放しました。当初はバイク屋と美容室を掛け持ちでやってたんですが・・・やっぱりバイク屋の方が軌道に乗ってくると仕事も増えてきちゃって。今はもうバイク1本でやらせてもらってますね」

 

編集部「なるほど。なんか店内もサーフボード飾ってあったり、音楽もかかってるし、オシャレな雰囲気ですね。サーフィンもやるんですか?」

 

松田社長「最近はあまりやらなくなっちゃいましたが、少し前までやってました。大工なんかも好きで、この店内の内装も全部自分でやったんですよ。」

 

 編集部「へぇ・・、美容師を辞めたというだけならともかく・・・経営していた美容室を手放して専門店始めちゃうってスゴイですね」

 

松田社長「バイクの方はもともと趣味だったんですけど、どうしてもやりたくなっちゃって・・・

周囲からも、「せっかく美容室がうまくいってるのに、ゼロからバイク屋を始めるなんて絶対にやめた方が良い」って反対されたり止められたりしたんですけど・・・一度やりたいって思っちゃうと、やらないと気が済まないんですよね。」

 

編集部「それ、すごくわかりますよ。僕も会社員とこの仕事を掛け持ちでやってるんですけど、やっぱりこれ一本に絞りたくて仕方がなくて・・・というか会社辞めたくて・・・というか働くのがイヤなんですよね。だから先日は妻に

 

「毎日遊んで暮らす起業家になるから会社辞める」

 

と打ち明けたら、フルボッコにされました。

 

 

松田社長「・・・・・・・・・・・えっと・・・・・・・・・・、自分の場合は”人が集まる場所”っていうのがすごく好きなんです。だから、土日なんかに遊びに来てくれるお客さんがいるっていうのは、本当に楽しいですよ」

 

 編集部「バイク屋の専門知識とかスキルはどうやって身に付けたんですか?」

 

松田社長「バイク自体の整備知識やスキルは長年のあいだで自分でイジッてましたからね。症状を見ればどこが悪いのか、だいたい感覚的にわかります。

 

特に2スト・トリプル系はクセがあるし、車両の状態によっても全然違うので、本当にマニュアル通りにいかないんですね。だから経験から来る感覚的なところはすごく大事ですね。

 

あと、妻の実家が自動車修理工場やってるんで、そこで色々と勉強したりもしました。」

 

編集部「お客さんの年齢層はどうですか?」

 

松田社長「僕が今47歳なんですけど、自分くらいの年齢を中心に、5歳くらい上下に幅がある感じですかね」

 

編集部「やっぱり年齢層は高いですね(笑)」

 

松田社長「でも、最近は若い子が増えてきましたよ。僕はずっと地元でやってるんですが、若いお客さんと話をしてると、なんか聞いたことある名前だな・・・

 

なんて思いながら話してると、その人の親が自分の先輩だったりするケースが増えてきました(笑)」

 

編集部「もしかして、松田さんのお子さんも乗ったりしてるんですか?!」

 

松田社長「いや、うちの子はまだ小さいんで・・・やっぱり2ストのうるさい音が怖いみたいです(笑)」

 

あぁ、自分もレストアや整備ができるようになりたいなぁ・・・・バイク持ってないけど。なんて思いながら、ふと工場内に目をやると、メチャクチャに綺麗なケッチが置いてある。

 

編集部「うへぇ。このケッチ綺麗ですねぇ。これは売り物なんですか?」

 

松田社長「いや、これと隣のフェックスは自分のです。このケッチは、僕が17歳の頃からずっと乗ってるんで・・・・

 

もう29年か30年乗ってるんじゃないかな」

 

kh400_front_koi

 

 

z400fx

 

乗り続けるって本当にスゴイ。

 

僕も十代のころに始めて乗ったのがKH400だったから(友達のKHだったけど・・・)ケッチには思い入れがあります。

 

ケッチのスゴいところは、2ストトリプルの加速と白煙とサウンド!ってとこももちろんだけど、それだけじゃなく、そのスマートでいて洗練され過ぎていないスタイルにあると思う。

 

スタイリッシュな要素と、武骨で発展途上な要素の共存。

 

アップハンもセパハンも、ノーマルも似合う引き締まってスマートなデザイン最高。

 

そして、このケッチのアップハンの高さ・絞り具合が絶妙・・・更にビートチャンバーとのバランスも最高。欲しい・・・・

 

kh400_koi

 

kh400_hundle_koi

 

kh400_tail

 

そう言えば、僕が大学生の頃に(友人の・・・)ケッチに乗っていた時、仲の良い友達で、とてもお洒落のセンスの良いヤツがいました。

 

彼が最近バイクに興味がある。と言っていて、確かベスパやトライアンフのような「ビンテージタイプの英車が良い」と言っていた。

 

どうもイギリス映画「さらば青春の光」にインスピレーションを感じたらしい。

 

そんな彼に、僕がケッチに乗ってることを自慢すると

 

「ケッチって族車だろ?!」

 

って笑ってたけど、あるとき僕が学内付近にケッチで乗り付けた。

 

そこにたまたま彼がいたから、僕はカッコつけて

 

「バリン!バリン!」

 

と吹かしたあとに

 

「コァーン!!」

 

と加速して、白煙を残して思い切りカッコつけて走り去った。次に彼に会ったとき、

 

「昨日のバイクって、あれがケッチなの?!メッチャクチャカッコいいな!!

 

おれ、族車だとばっかり思ってたけど、マジで渋いよ!」

 

とコーフン気味で話してくれたときは嬉しかったぁ。

 

本当はカッコつけ過ぎてその後コケたんだけど(立ちゴケ)・・・

 

族車というイメージがあるほど、悪くてヤンキーなイメージがある単車ほど、上品にカッコ良く乗りこなすと超絶にカッコ良い!その代表格のひとつはケッチだと当時から思ってます。

 

そしてこのケッチもワルそうだけど、しっかり品があってカッコいい・・・

 

あのぉ・・・エンジンかけて・・・ついでに走ってるところ見せてほしいなぁ・・・

 

松田社長「全然良いですよ!」

 

キック一発でかけてくれたとき、加速するときのケッチのビートサウンドが以下。

 

松田社長「このバイクは、キャブのセッティングによっても音が全然違うんです。一番良い音するセッティングだと、エンジンが焼き付き易くなったり・・・って結構難しいんです」

 

このケッチも超絶に良い音響かせてました。

 

ドキュメンタリー風に編集してると、時間掛かっちゃうから、まずは無編集のプレーンな映像貼っておきます。

 

 

編集部「突然、走ってほしいという要望にも応えていただいて、ほんとありがとうございます☀ 楽しかったなぁ・・・」

 

松田社長「いや、全然構わないですよ。というか、バイク手放しちゃったあとにこういう仕事されてると、また乗りたくなるんじゃないですか?」

 

編集部「乗りたいどころの騒ぎじゃないですよ。今となっては後悔の嵐です。今や手放す人の気が知れません。」

 

松田社長「システムが組めるなら、サイトに個人売買の機能を付けたらどうですかね?個人売買だと比較的安く手に入りますから。

 

サイトに旧車好きが集まっているなら、売りたいって人も出てくるかもしれないですよ。」

 

おぉ・・・それ面白い!

 

先日記事にした「このサイトの事業化」につながる可能性を秘めているかもしれない。

 

とにかくトライスターズの松田さんありがとうございました!また遊びに行きます!たとえ呼ばれなくても。

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. cb750four 欧米からみた日本のビンテージバイク。英語ドキュメンタリーを訳して…
  2. 5783999789_9d06e5d7df_b ドキュメンタリー映像が絶好調なため本サイトは海外進出します?!
  3. riding カッコ良すぎるミスティの女性Z乗り(後編)
  4. inoue_mach Chirihama-Sand-Flatsの映像からKawasak…
  5. 00042.00_03_59_27.Still046 高級レストランオーナーが乗るCB350Four映像が完成!
  6. eyecatch イカレたマシンシリーズ「カフェレーサー自転車」
  7. eyecatch 6/17はオートジャンボリー!!出店します!
  8. kosaka 海外の旧車専門店がカッコいい!と思ったら経営者が日本人だった!

おすすめ記事

kogane 昭和の雰囲気漂う街 ”黄金町” へ行って思い出したこと

かなり前のことだけど、横浜の黄金町にあるシネマジャック&ベティという旧い映画館へ行った。…

RadioHead 「知識」よりも「感性」。Radio Headを聴きながら感じたこと

先日、ネットニュースで見た登戸で起きた事件。ボクも妻も見た瞬間に思わず大きな声を上げてしまったく…

youtubeSumbNail 83年式SR500に乗る女性のショート・ドキュメンタリー本編をリリースしました

先日撮影してきた【ダイジェスト版】Cute Caferacer girlの本編をリリースしました…

horror_drive 煽り運転が無くなる?!煽り運転について・・・

煽り運転を空から監視して1時間半で10件検挙というニュースを見ました。煽り運転による死亡事故…

account 「ヤバいですよ、このアカウント閉鎖されますよ」突然来た警告

”ヤバいですよ、このアカウント。閉鎖されるかもしれないです。”先日リリースし…

DaigoDigestNew カフェレーサーカスタムのMachに乗るDiningBar店長ドキュメンタリー・ダイジェスト版リリース!

先日、横浜でダイニングバーMotownDinerの店長を務めるMach(350SS)に乗るダイゴ…

WebDesign Webサイトデザイン一新計画

このサイトはYouTubeやInstagramに比べるとだいぶひっそりと運営しているので好きなこ…

yuSR500 83年式SR500に乗るモデル女性ドキュメンタリーのダイジェスト版リリース

先日の記事で紹介した、カフェレーサー仕様の83年式のSR500に乗るプロのモデル女性。彼女を撮影…

diner2 マッハとC72で並んで走る。旧い物大好きな素敵な夫婦ドキュメント映像リリース!

横浜にあるMotownDiner という洒落たダイニングレストラン。このお店に勤める店長が旧…

DSC_0263 ひとり言ブログ「そんなに重要なことなの?」

今日の午前中は以前から悩まされていたソフトウェア上のバグを修正する作業に取り組んでいた。お昼…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP