Books

「俺のがヤバい」田舎ラッパーの言葉にグッと来て悔しい・・・

P1120497

僕は昔から「不良」に憧れている。バイクに乗り(売ったけど)、髭を生やし、髪を立てるのもおそらくこの「不良への憧れ」からくるものだと思し、

 

「怖そう」

 

と言われて喜んでいるのも、不良に憧れるヘタレであることは明らかであります。

 

そんな自分が先日、本屋へ行き物色していると

 

「ヒップ・ホップ・ドリーム (著)漢a.k.a. GAMI」

 

というヒップ・ホップMCの本に運命的な出会いを感じた。全身にタトゥーを入れて、俯いて煙草をふかすその姿はまさに不良。

 

20160728_125126-1280x720

 

本を開けてみると、内容も「漢」の名に恥じない強烈な不良物語だった。

 

でもここで問題が発生。それは、自分が不良の見た目の凄みやファッションが好きなだけで、根は「超」がつくほどヘタレであることに起因する。

 

本の中で描かれていた喧嘩シーンに、恐怖で具合が悪くなってしまったのだ。

 

いきさつの詳細は全く不明だけど、登場人物が屋台を営む主人を襲うために、ビールケースを持ち上げて頭上に振りかぶるシーン。

 

ここで気分が悪くなりギブアップ。

 

「ヤバい・・・これはヤバい・・・」

 

ブツブツ言いながら夢中で読んでいた本を呆気なく本棚に戻していると、更に強烈な隣の本の表紙が目に飛び込んできた。

 

「俺のがヤバい (著)滝原勇斗」

 

P1120497

 

坊主頭のイカツイ男が暗闇の中からこちらを睨み付けてくる凄みのある目付きと、「ヤバい」というダイレクトなタイトル。

 

思わず手に取り、恐る恐る読み始めると・・・

 

そこには自分と同じ「不良に憧れているヘタレ」 のイタ過ぎるヘタレエピソートが所狭しと書き綴られていた。

 

ヒップ・ホップ・ユニットを形成する「MOROHA」のフロントマンである滝原勇斗による著作「俺のがヤバい」。

 

弱くダサくてヘタレな自分を堂々と笑い飛ばす心意気に共感して思わず買ってしまったです。

 

ジャガイモのような顔でモテなくて、部活では後輩にナメられながらスターを目指して上京。都心のお洒落な店には平常心で入ることすらままならず、度胸試しの為に渋谷でナンパする時は緊張でゲロを吐く。

 

「音楽で成功できるヤツなんて、ほんの一握り」

 

努力と可能性を一蹴するこの言葉と、リアルな貧乏生活と自分の将来に迷いを感じながら、バイトに追われる日常。

 

それでもA4ノートとボールペンひとつでオリジナル楽曲を創作しながら、名乗りを上げようと奔走し、もがく姿は本当に一見の価値があると思う。

 

なぜなら、彼らはまだ無我夢中で坂を駆け上がる、まさにその最中だから。

 

まさに「リアルタイム成り上がり」。彼らが大成するかどうかは誰にもわからないけど、大成した後に過去をカッコ良く振り返るのではなく、大成への長い道のりを汗だくで駆け上がり(ときには下がり)ながら魂の叫びをぶつける著書には間違いなく価値がある。

 

まさにリアルかつリアルタイム。

 

そして肝心な音楽の方は、正直期待していなかった。

 

これまで歌い手の熱い思いや背景と音楽性は、全く別物だと思っていたから。

 

曲の良し悪しは、音とメロディーが直接的、本能的に心に響くものだから、いくら熱い気持ちで歌おうが、いくら一生懸命に創作しようが、そんなあざといモノが入り込む余地など無いのだよ。

 

そんな知った風なことを思っていました。

 

だから彼らのライブ映像で音と言葉を聴いて、正直衝撃を受けました。

 

こんな日本語ラップは初めて見た。これまで「日本語ラップ」は、「手本はあくまで英語ラップ」という暗黙の劣等感を拭い切れない印象を持っていたのに、この日本語ラップはメチャクチャだけど、「才能」や「音楽性」を吹き飛ばすパワーとオリジナリティに圧倒された。

 

そんなオリジナル感溢れる彼らがユニットを結成したのが2008年。

 

そして僕が「こんなボロボロな生活から抜け出したい」と、新たな目標に向かって疾走し始めたのが2007年。

 

結成から8年経過した現在、彼らは今年で28歳になるそうだけど、僕は今年41歳になる。それがどうした?!

 

 

P1120498

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. wakamono ”若者がバイク嫌いなわけないだろう”
  2. fake 「フェイクドキュメンタリーの教科書」面白いフェイクドキュメントっ…
  3. sekaigawakaru 「この映画を観れば世界がわかる」世界中の映画を集めた本が面白い!…
  4. horiemon 「君はどこにでも行ける」ホリエモンに触発されて、本サイトを英語対…
  5. 51qxPNGsmRL._SX340_BO1,204,203,200_ 「ワケありな映画」公開できなかった映画を集めたレビュー本が面白か…
  6. hadaka 「裸でも生きる」 途上国で活躍する起業家女性の奮闘記
  7. book 「センスは知識からはじまる」ノスタルジックの価値を再発見する本を…
  8. zombi 「ゾンビでわかる神経科学」で脳神経を勉強する

おすすめ記事

ThumbNailNew2 Z400FXでお馴染みのDragonflyさんの次男駿クン

今現在、6月に撮影したZに乗る母親のみなこさんとその息子優作くんと駿(はやお)くんの映像のフルバ…

sumbnail 初体験で酷い体験

チャレンジして酷い目にあったおはなし。先日はずっとやってみたかった「ラジオ配信ぽいこと」にチ…

received_2867388150001641 経営者たちとの会食

先日、名古屋まで遠征して撮影させてもらったZとCB乗りの人たち。&nbs…

kogane 昭和の雰囲気漂う街 ”黄金町” へ行って思い出したこと

かなり前のことだけど、横浜の黄金町にあるシネマジャック&ベティという旧い映画館へ行った。…

RadioHead 「知識」よりも「感性」。Radio Headを聴きながら感じたこと

先日、ネットニュースで見た登戸で起きた事件。ボクも妻も見た瞬間に思わず大きな声を上げてしまったく…

youtubeSumbNail 83年式SR500に乗る女性のショート・ドキュメンタリー本編をリリースしました

先日撮影してきた【ダイジェスト版】Cute Caferacer girlの本編をリリースしました…

horror_drive 煽り運転が無くなる?!煽り運転について・・・

煽り運転を空から監視して1時間半で10件検挙というニュースを見ました。煽り運転による死亡事故…

account 「ヤバいですよ、このアカウント閉鎖されますよ」突然来た警告

”ヤバいですよ、このアカウント。閉鎖されるかもしれないです。”先日リリースし…

DaigoDigestNew カフェレーサーカスタムのMachに乗るDiningBar店長ドキュメンタリー・ダイジェスト版リリース!

先日、横浜でダイニングバーMotownDinerの店長を務めるMach(350SS)に乗るダイゴ…

WebDesign Webサイトデザイン一新計画

このサイトはYouTubeやInstagramに比べるとだいぶひっそりと運営しているので好きなこ…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP