Film

いよいよ「カリコレ」7/16より!先行プレミア作品を紹介

karikore

うぉ~!!7/16から新宿シネマカリテで「シネマカリテファンタスティックコレクション」が始まる!

 

まだ公開前の先行プレミアム上映から、名旧作や未公開作品まで「ここシネマカリテでしか観れない作品」が多数上映されます!

 

今回は特に、これは観たい!という「注目の先行プレミア上映作品」をピックアップしてみます。

 

ピックアップの基準は「面白そう」であること。

 

「ある戦争」デンマークのアフガニスタン駐留を描いた戦争映画

上映日時:7/30(土) 13:00開始

 

まずこれを観に行く予定です。これは絶対に観たい。

 

母国デンマークに家族を残し、タリバン政権下のアフガニスタンへ派遣されたデンマーク軍部隊長。

 

あるとき彼が下した空爆命令で、一般人が巻き込まれ死亡してしまう。

 

部隊長は敵兵の存在を確認していたのか?確認していたのだとしたら、これは誰の責任なのか?

 

この事件は軍法会議にかけられ、その結末の行く末は・・・・

 

世界で一番国民の幸福度が高いと言われるデンマーク。

 

そのデンマークの軍が、世界で一番幸福度が低いと言われるアフガニスタンへの駐留の様子を、これとは別の映画で観たことがある。 「アルマジロ」という作品で、こちらはドキュメンタリーでしたが、 そこで展開される「戦争」は「興奮」と「刺激」に満ちていた・・・

 

だからフィクションの分野では、この戦争がどのように観られるのかとても興味深い。

 

 

 

「東京ウィンドオーケストラ」このままホンモノってことで行きましょう

 上映日時:8/7(日) 13:00開始

 

この映画は、新鋭の映像作家、俳優を発掘するプロジェクト「作家主義・俳優発掘プロジェクトから生まれた若き才能の作品です。

 

監督は「神奈川芸術大学映像学科研究室」でデビュー(当時は学生)した若手新鋭の坂下雄一郎さん。

 

駆け出しの若いアーティストの作品を観ることは、若い才能が羽ばたく手助けをするということ。

 

だから観に行きましょう。

 

というのは「良い大人ぶった」表向きの理由で、観に行くべき本当の理由は「面白そう」だからであります。

 

屋久島の女性職員が地元ブランドアップのために、東京のオーケストラ吹奏楽団を呼び、厳かなイベントを開催する予定だった。

 

ところが手違いで「カルチャーセンターのアマチュア吹奏楽部」を呼んでしまう。

 

このとき女性職員の判断が

 

このままホンモノってことで行きましょう 。

 

つじつまを合わせるためなら何でもやる。波風立てずに事を丸く収めるためならプライベートを犠牲にし、身銭だって切る。

 

嘘をつかずに巧みに事実を湾曲させる。

 

この映画は、そんな「役所的組織」を描いたコメディだけど、こういうことは全国津々浦々いつでもどこでも現実の世界でこそ起きている。

 

データ改ざん問題やリコール隠しだって、もとをたどればほぼ100%ここに辿り着きます。

 

このままホンモノってことで行きましょう

 

「パレス・ダウン」ムンバイで発生したテロに襲われた実在の少女を描く

上映日時:7/29(金)16:00  8/2(火)13:00  8/13(土)10:00

 

2008年にムンバイで起きた同時多発テロ。このとき、12人のテロリストによりレストランやユダヤ教施設、高級ホテルが占拠・爆破され200人近くの犠牲者を出しました。

 

この時、ダージマル・ホテルのスイートルームで1人で過ごしていた実在の18歳の少女ルイーズの物語。

 

ルイーズ役を演じるのは「ニンフォマニアック」でヤリマン女を演じたステイシー・マーティン。

 

父親の仕事の都合で、インドへ2年間移住することになったルイーズ。

 

新居が決まるまでの間、ルイーズと両親の3人は高級ホテルダージマル・ホテルのスイートルームで過ごしていた。

 

あるとき、両親が食事に出かけルイーズは一人でホテルの部屋で過ごしていると、外が騒がしい。

 

同時に部屋の電話が鳴ると、ホテルのフロントからだった。

 

「お客様、すぐに部屋の明かりを全て消してください」

 

外は既にテロリストに占拠され、ルイーズは1人部屋に取り残され、持っているのは1台の携帯電話のみ・・・

 

 

 「シークレット作品」(不明)

8/11(木)21:00開始

 

毎年、監督も題名も知らされない作品が上映されます。

 

今年は何の作品か?!

 

7/16から新宿シネマカリテで「シネマカリテファンタスティックコレクション」が始まる!

 

詳しいスケジュールはリンクへ

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. original 「カルテル・ランド」 善と悪の境界線が無くなる麻薬戦争ドキュメン…
  2. futari_main_large 二人の死刑執行と「ふたりの死刑囚」という映画
  3. kyouki 「レジェンド狂気の美学」実在の双子ギャングを描く。6/18より公…
  4. sub8_large 「山河ノスタルジア」 ジャ・ジャンクー最新作が4/23より上映中…
  5. main_large (1) 「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」ミニシアターで話題になった新作…
  6. elcuran 「エル・クラン」 アルゼンチンの嘘のような実話映画が9/17より…
  7. Jon iPhoneだけで制作した短編映画
  8. about01 「グリーン・ルーム・フェスティバル」横浜赤レンガにて5/21,2…

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP