Film

フランス人から見た日本のヤクザ・ドキュメント「YOUNG YAKUZA」

youg_yakuza

先日記事にさせてもらった「アメリカ人から見た「漫才」は新鮮!ドキュメント「WHAT’S MANZAI!?」」で、「漫才」や「暴走族」が海外から見てすごく特異で興味深い存在であることを掲載しました。

 

中でも海外から暴走族への「興味の表れ」はYouTube上に上げられているコメントを見てもわかります。

 

YouTube上のコメント欄への書き込みは

 

「面白い!もっと見たい!」

 

という前向きなコメントが多数を占め、なんだか嬉しい気持ちになってしまいました。

 

「暴走族なんて!」なんて思わない。反社会的だろうがなんだろうが、これは日本の文化の一つであると僕は思う。

 

もちろん大手を振って声高に自慢できる文化ではないし、そんなことすべきではないけれど、こういう文化をかつて持っていた(いる)というのは紛れもない事実だと思うから発信したい。

 

「日本の文化を世界へ発信する」というと、着物やお寺など「誇らしく伝統的」なものか、長生きに貢献するような健康的な食べ物など「良いもの」を発信するケースが殆どであると思います。

 

そして、負の文化や歴史は外に向けて発信しようとはせず、自ら否定したり目を逸らす傾向がとても強いとも思う。

 

でも隠したり目をそらしたりして「タブー」にしてしまう意味って何だろう?

 

これを考えたとき、「タブー」にする意味がどうしても見出せません。

 

逆に興味を持つ人、「見たい」という人がいる限り、堂々と発信してしまえば良いじゃないか。というのが僕の考えです。

 

そしてYoutube上のコメントのなかで気になる外国人コメントが。

 

「日本のヤクザについても取り上げて欲しい」

 

 という要望。

 

「公然とタブーを破ること」に魅力を感じる自分は、是非日本のヤクザについて取り上げたいと。

 

こういう世界は、とりわけ「神話」「伝説」が取り沙汰されることが多く、「実態」がそれなりに正確に理解されていることってすごく少ない気がします。

 

要は「こんなに凄かった・怖かった」というセンセーショナルな部分が膨らみ続けて独り歩きしてしまうケースが多くて、実態を知っている人がとても少ないということ。

 

そして、ある程度の実態を把握するのに有効なのが、本やドキュメンタリーを見ることです。

 

なのでヤクザの実態を取り上げた、最高に面白いドキュメンタリーを以下に紹介したいと思います。

 

開いた口が塞がらない”ヤクザの今”を捉えた「ヤクザと憲法」。

このドキュメンタリーは本当に面白かった。

 

迫力のあるポスターから期待したのは「極道の恐ろしい世界が覗き見できる」という、怖いもの見たさで劇場に足を運びました。

 

そして驚愕しました。

 

想像していた「ヤクザ」と実態に余りにも大きなギャップがあったからです。

 

実はこの映画を製作した東海テレビも、当初は「絵にかいたような極道の世界」の映像が撮れることを期待してクランクインしたらしい。

 

ところが期待している映像が撮れる様子が全くなかったのだそうです。

 

「これはヤバイ」と焦りながらも根気よく撮影を続けるうちに、想像していなかった驚愕の映像をカメラに収めることが出来たと。

 

この映画の監督を務めた土方さんは語る。

 

ドキュメンタリーには「神様」がいます。

 

ドキュメンタリーを撮るときには「期待する映像」「撮りたい映像」というものが当然あります。

 

ところが、その「期待する映像」が全く撮れないということがままあります。その時に諦めずにカメラを回し続けられるかどうか。

 

ここで諦めずにカメラを回し続けることで、想像もしていなかったとんでもない映像が撮れるんです。私はこれを「ドキュメンタリーの神様が降りてくる」と言っています。

 

この映画もそうでした。全く想像していなかった、今まで誰も知らなかった現代ヤクザの実態を捉えることができました。ドキュメンタリーの神様が降りてきたんです

 

こちらに詳しいレビューを掲載してますが、かなり詳細に書いてしまっています。なので興味のある人は是非劇場に観に行って欲しい!

 

今現在の日本のヤクザの実態は、日本の「平和を好む」という良いところの反面、「異質なものを有無を言わさずに排除する」という「完璧主義の闇」の実態を深く象徴しているように見えてならないです。

 

 全国のミニシアターの一部でまだまだ上映中です。

 

 

 

 

フランス人が撮ったドキュメンタリー「YOUNG YAKUZA」

こちらは外国人から見た日本のYAKUZAを映像に収めた貴重なドキュメンタリー。

 

監督はフランス人のジャン=ピエール・リモザン監督。

 

悪さばかりして定職にも就かずにフラフラと遊び歩いている二十歳の問題児ナオキ。

 

心配したナオキの母親がつてをたどって「修行のため」と熊谷組に入門させる。

 

この映画はナオキと一緒にカメラが熊谷組の内部に入り、ナオキの暴力団構成員としての生活を追ったドキュメンタリー。

 

これを観て「世界がフラット化している」ことを初めて実感してしまいました。

 

よくテレビや本、雑誌で「インターネットの出現で世界がフラットになる」なんて言うけれど、いまいちピンと来ない部分があった。

 

でもこの映画を観ていると、熊谷組の組長が普通に立派な人にしか見えない。むしろ控え目でカッコよくすら思える。

 

ナオキもしっかりしていて頭の回転も速く、反社会的な不良にも見えない。

 

つまり、「堅気」と「極道」の境目が昔ほどはっきりしていない。フラット化していると感じます。

 

映画の中で熊谷組組長がこう語る。

 

「法律や環境が変わり、私たちヤクザは裏社会から表社会に出てくるようになりました。でも裏社会と表社会の境界線は存在します。

 

そして、ここから裏は見せることはできません。語ることもできません。」

 

 

 

 

「反社会的組織だから」「違法だから」という表面的なことだけでなく、この人たちがどんな人間で何を語ろうとしてるのか?

 

 タブーに足を踏み入れると、そんな本質的なことを考えざるを得なくなる。そんな気がします。

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. original 食人オールナイト「カニバル・カーニバル」が7/9に新文芸座にて開…
  2. 893_sub1_large 「ヤクザと憲法」の驚いた展開・・・(後編)
  3. kyouki 「レジェンド狂気の美学」実在の双子ギャングを描く。6/18より公…
  4. strong_movie 世界がわかる!そしてあまりに衝撃的な映画はこれ!
  5. 640 (2) 「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」が7/16より公開
  6. elie 「北欧映画の夏祭り」で涼しく過ごす!ユジク阿佐ヶ谷にて8/6より…
  7. banksy_main_s_large バンクシーの初監督作品「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」…
  8. panflet 「ヴィクトリア」ワンカットサスペンスの衝撃的な2時間半に言葉を失…

おすすめ記事

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

kaigai 海外からの視聴者が激増中

先日、何気なくYouTubeの地域別の視聴回数割合を見てみたら、日本での視聴回数割合がガタ落ちし…

eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました

先日撮影させてもらったキャンプラリーを主催している @Owaiknight が、早朝Runを企画…

kimura Hot Rod Custom Show 2018に行ってきました!

行ってきましたHot Rod Custom Show 2018今回はプレスとして入場するので…

hrcs2016 Hot Rod Custom Show 2018は12/2(日)パシフィコ横浜にて

タイトルの通り今年もHot Rod Custom Show 2018が12/2(日)にパシフィコ…

business 怒涛の出世&有名になった大学の同期と自分の違い

先日、ニュースサイトのリンクを辿っていたら、こんな記事が目に飛び込んできた。LinkedIn…

set ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト

先日紹介した「ヘルメットで髪型ペッタンコ改善プロジェクト」にて、前回に引き続いてカットモ…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP