Business

「恐怖の細道」岐阜県のお化け屋敷が7/25より開催!

hosomichi

夏になると怪談が聞きたくて話したくてウズウズしてくる私は大の怪談好き。

 

どれくらい好きかと言いますと3年ほど前に「ホンモノ怖い話体験部屋」というオリジナルAndroidアプリを開発してしまったほどです。

 

 taiken

 

そして去年の夏はこのサイトに何度も自分の恐怖体験談を掲載し、当時の最低アクセス数を記録するくらいの大盛況ぶりでした(以下の画像はリンクです)

 

gallery_template_z1000

 

更にいうと、現在の妻と初めて伊豆へ旅行に行ったときも一番楽しく思い出深かったのが「怪しい少年少女博物館」というお化け屋敷に行ったこと。

 

もっというと、昔の職場で大規模な組織変更があった際に、異動先での自己紹介で「怖い話」を披露して職場の人たちを「ドン引き」させてしまったほどです。

 

そんな怪談マニアな自分が本日発見したのが、

 

岐阜県の自治体が総力を挙げて製作・運営する「恐怖の細道 あの曲がり角から」というお化け屋敷が7/23~9/25にオープン

 

という情報。

 

hosomichi

 

期間限定でお化け屋敷が設営され、その雰囲気が「昭和過ぎて素敵」と評判だとか。

 

このお化け屋敷のテーマは「口裂け女」

 

 

 

「口裂け女」の発祥は1970年代。発祥の地は一説によると、このお化け屋敷の開催地であるらしい。

 

僕が子供の頃に愛読していた「恐怖大百科」には「口裂け女」について書かれてあったのをよく憶えている。

 

そこに書いてあったのは、こんな内容でした。

 

夜道に気を付けろ!口裂け女に遭遇した場合の対処方法はこれ

 

あなたは夜道を一人で歩いている。すると通りの向こうから、顔の下半分を隠すようにマスクをした女性がコートを着て歩いてくる。

 

女性はあなたの方向へ向かってまっすぐこちらに歩いてきて、顔を近づけてくる。

 

そしてこう話しかけてくる。

 

「私きれい?」

 

その威圧感と、どう答えて良いかわからない戸惑いから思わず

 

「きれいです・・・」

 

と答えてしまうと大変。

 

女性はマスクを外すと、耳元まで裂けた口を出して

 

「これでも?!」

 

と問い詰めてくる。

 

あなたは恐怖で思わずその場から走って逃げる。しかし逃げても無駄だ。

 

口裂け女は元陸上選手だった経歴を持ち、恐ろしく瞬足であるため逃げても絶対に追いつかれるという(本には本当にこう書かれていた)。

 

じゃあ・・どうすりゃいいんですか・・・

 

子供心に浮かぶ疑問に答えるように、その本には対処方法が書かれていました。

 

それは「私きれい?」と聞かれた時には

 

「それなりに」

 

と答えると、何も言わずに去っていくのだそうだ(本当にこう書かれていた)。

 

口裂け女という都市伝説がなぜ登場したのか?これも諸説あるけれど、最も有力(と勝手に自分が思っている)なのは

 

「子供の塾通い対策」だったと言われています。

 

1970年当時は学習塾に通う子供が増え、夜道を歩くことが多くなった。

 

これを心配した親が「道草せずに真直ぐ家に帰ってくるように」誰からともなく語られたと。

 

子供が事件や事故に巻き込まれないようにと気遣った親の愛情が生み出し、70年代に活躍した口裂け女。

 

今度は岐阜の町興しに奮闘している。

 

口裂け女がテーマのお化け屋敷「恐怖の細道 あの曲がり角から」は7/23~9/25にオープン

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. yoppie2 1分以内の短編バイク映像が面白い!
  2. movie 【特集】カッコ良くてCOOLなバイク走行映像の撮りかた
  3. 20160603_173615-1280x720 早起きに「有効なこと」と「無効なこと」
  4. img_20160529_001502-1280x720 このサイトの今後の方針について
  5. roland 理想的なバイクショップ発見!Roland Sands Desig…
  6. vulcan ジャメリカン?!バルカンのカフェレーサーがカッコいい
  7. p1140247 オリジナルのカフェレーサー作るプロジェクト第1弾
  8. DSCF0433_TP_V トラブル怖さに「中止」「禁止」のリスク

おすすめ記事

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

kaigai 海外からの視聴者が激増中

先日、何気なくYouTubeの地域別の視聴回数割合を見てみたら、日本での視聴回数割合がガタ落ちし…

eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました

先日撮影させてもらったキャンプラリーを主催している @Owaiknight が、早朝Runを企画…

kimura Hot Rod Custom Show 2018に行ってきました!

行ってきましたHot Rod Custom Show 2018今回はプレスとして入場するので…

hrcs2016 Hot Rod Custom Show 2018は12/2(日)パシフィコ横浜にて

タイトルの通り今年もHot Rod Custom Show 2018が12/2(日)にパシフィコ…

business 怒涛の出世&有名になった大学の同期と自分の違い

先日、ニュースサイトのリンクを辿っていたら、こんな記事が目に飛び込んできた。LinkedIn…

set ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト

先日紹介した「ヘルメットで髪型ペッタンコ改善プロジェクト」にて、前回に引き続いてカットモ…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP