Film

「面白い!」と言ったら人格を疑われる「最高に面白い劇薬ヤバ映画ベスト3」

yaba

10年以上前、独身時代によく「コンパ」にいってました。コンパに行くたびに「趣味」「休日の過ごし方」の話題になったとき、必ず聞くことが

 

「今まで観た映画の中で一番面白かったものは何か?」

 

すると5割近くの女のコが答えるのは「ショーシャンクの空に」を挙げていました。

 

確かに嫌いじゃない映画だけど、ほぼ半数が口を揃えてこの映画を挙げるのはなぜか?登場人物は男だけなのに、どの辺りに女の人が好む要素があるのかな?

映画好きの友人に話してみると、

 

「少しオシャレで知的なイメージもある映画だから、「これ好き」と言っておけば自分のイメージを無難に上げられる。ってことじゃないか?」

 

なるほど。

 

自分は「オシャレな映画」を挙げる女の人よりも「バイオレンス映画」や「ゾンビ映画」など「ヘンでブッ飛んだ映画」を挙げる人の方がダンゼン興味が湧いたけどなぁ。

 

そんなことはどうでも良いことだけど、「”これが好き”と人に言えば自分のイメージを上がるかも」というものがあれば、逆に「”これが好き”と言ってしまうと、自分のイメージが下がるリスクがあるもの」もあるはずだ。

 

なので「”これが好き”と言ってしまうと、自分のイメージが下がるリスクがある映画ベスト3」を選んでみた。

 

「大好き!!だけど人には”これ大好き”となかなか言えない映画」ベスト3

 

超面白い!!でも「こんな映画を面白い!」とはあまり大っぴらに人には言いたくない。

 

タブーに触れている、衝撃が強すぎる、人でなし・・・・コンパの席で内容を説明した瞬間に、間違いなく相手は音を立てて引いてしまいそう・・・・

 

そんな映画ベスト3を挙げてみました。勝手に。

 

「パラダイスナウ」開いた口が塞がらないラスト

 パレスチナ人であるハニアブアサド監督のデビュー作品。この映画はパレスチナ自治区に住む若者が主人公。

 

普段テレビなどでも殆ど見ることが無いパレスチナ自治区を舞台にした映画はとても新鮮で面白かった。

 

でも「これ好き!!」と、あまり積極的に人に勧められないのは、

 

パレスチナの過激派に所属している主人公の若者が、イスラエルに自爆テロを仕掛けに行く。という内容であること。

 

ラストが余りにも衝撃的過ぎて開いた口が塞がらない。ということ。

 

そして、劇中で時折聞こえる銃声は全てホンモノで、主人公が犯行声明動画を撮影するシーンが登場する場所も、実際に過激派によって使われていた場所であることも「生々しさ」に拍車をかけています。

 

家族と一緒ではなく、1人で観た方が良いかもしれない。

 

 

 

「ありふれた事件」伝説の殺人ドキュメント?!

 これを観た1990年代後半。世間では「スナッフビデオ」という「殺人を記録したビデオ」が闇市場に出回っているという「都市伝説」があった。

 

この映画はその頃に、たまたま観た映画で観た瞬間に「スナッフビデオを見つけちまった・・・」と本気で警察に通報しそうになった経験があります。

 

そのくらい、この映画の暴力は「生々しい」。

 

1992年の公開時にいは本国ベルギーでは記録的ヒットを飛ばしたが、余りの「生々しさ」にある噂が流れた。

 

「出演者たちはホンモノの殺人者だ」

 

製作はたったの3人で行われたが、そのリアルさはベルギー中を興奮・震撼させた記録的映画。

 

無邪気な子供から、穏やかな老人まで殺して殺して、殺した後には・・・

 

書くこともためらわれるこの映画は、絶対に家族では観れない。

 

 

「劇場版テレクラキャノンボール2013」

 小学校時代からの僕の親友タートル今田が製作、出演している自慢の映画だからここに掲載したわけではありません(それもある)。

 

千原ジュニアやケンドーコバヤシ、伊集院光など有名芸人たちが大絶賛していたからでもない(それもある)。

 

この映画は人気AVシリーズがもとになっているので、基本は「アダルト分野」に属するのに、ドキュメンタリー映画として最高に面白い。

 

映画館で観ているあいだ、ずっと映画館内大爆笑のどよめきが響き、一人で観に行ったにも関わらず「友達同士で観ている」ような連帯感にも似た不思議な雰囲気があった。

 

その連帯感を作り出していたのは、「行ってはいけない」ところに行き、「やってはいけない」ことをやっているという背徳感。

 

中学生の時に悪ふざけが過ぎて、友達と一緒に職員室に呼び出されたときに「笑っちゃいけない」と自戒するほど笑いがこみ上げてくるように、

 

「やっちゃいけない」「笑っちゃいけない」という状況になればなるほど、笑いと連帯感が強くなってくる。

 

今までにこんなタイプの映画は一つも観たことが無いので、詳細な説明をしてしまうと具体的なシーンの説明になってしまうので、説明はしません。

 

上映時にはカンパニー松尾監督が自ら劇場に登場し

 

「今日ここで目撃したことは、絶対にバラさないでください」

 

そう釘を刺されるほど、この映画の展開は凄まじいものがある。

 

だから詳細な説明は単なる「ネタばらし」になってしまうので、是非本編を観てみてほしい。ただし自己責任で・・・

 

代わりに千原ジュニアやケンドーコバヤシなど著名芸人たちが、「どれだけこの映画が面白いのか?」を語るシーンだけ・・・

 

 

 

以上、「面白い!」と言ったら人格を疑わそうな「最高に面白い映画」ベスト3を厳選してみた。

 

まだ挙げたい作品はあれど、これ以上書き続けたら自分の人格が疑われそうなのでこのへんで・・・

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. husigi 「不思議惑星キン・ザ・ザ」が8月20日にシネマカリテで公開!
  2. 640 書を捨て街へ出よ!度胸と根性の「フォトグラファーズ・イン・ニュー…
  3. manfell_earth 爆音映画祭でデヴィッドボウイ主演の「地球に落ちてきた男」上映!
  4. burning 「バーニング」という韓国映画に学ぶ映像の楽しさ
  5. 13_large アンドレイ・タルコフスキーの作品をオールナイトで!5/21に池袋…
  6. eyecatch 質問に答えます「素人が映画のような映像を撮る方法」
  7. panhuret 「Listen」ろう者たちが音楽を奏でる無音アート映画が5/14…
  8. 640 「ディストラクション・ベイビーズ」史上最も過激な108分が5/2…

おすすめ記事

received_2867388150001641 経営者たちとの会食

先日、名古屋まで遠征して撮影させてもらったZとCB乗りの人たち。&nbs…

kogane 昭和の雰囲気漂う街 ”黄金町” へ行って思い出したこと

かなり前のことだけど、横浜の黄金町にあるシネマジャック&ベティという旧い映画館へ行った。…

RadioHead 「知識」よりも「感性」。Radio Headを聴きながら感じたこと

先日、ネットニュースで見た登戸で起きた事件。ボクも妻も見た瞬間に思わず大きな声を上げてしまったく…

youtubeSumbNail 83年式SR500に乗る女性のショート・ドキュメンタリー本編をリリースしました

先日撮影してきた【ダイジェスト版】Cute Caferacer girlの本編をリリースしました…

horror_drive 煽り運転が無くなる?!煽り運転について・・・

煽り運転を空から監視して1時間半で10件検挙というニュースを見ました。煽り運転による死亡事故…

account 「ヤバいですよ、このアカウント閉鎖されますよ」突然来た警告

”ヤバいですよ、このアカウント。閉鎖されるかもしれないです。”先日リリースし…

DaigoDigestNew カフェレーサーカスタムのMachに乗るDiningBar店長ドキュメンタリー・ダイジェスト版リリース!

先日、横浜でダイニングバーMotownDinerの店長を務めるMach(350SS)に乗るダイゴ…

WebDesign Webサイトデザイン一新計画

このサイトはYouTubeやInstagramに比べるとだいぶひっそりと運営しているので好きなこ…

yuSR500 83年式SR500に乗るモデル女性ドキュメンタリーのダイジェスト版リリース

先日の記事で紹介した、カフェレーサー仕様の83年式のSR500に乗るプロのモデル女性。彼女を撮影…

diner2 マッハとC72で並んで走る。旧い物大好きな素敵な夫婦ドキュメント映像リリース!

横浜にあるMotownDiner という洒落たダイニングレストラン。このお店に勤める店長が旧…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP