Business

海外から見た「日本の面白さ」とは?

P1100751

昨日掲載した映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」の紹介記事。

 

この映画は、日本酒を世界中に広め啓蒙していこうとする意欲ある外国の杜氏とジャーナリストを追ったドキュメンタリーですが、日本酒に限らず、外国の人に日本の文化に魅力を感じてもらえるというのは、理屈抜きに嬉しいですね。

 

特に外国の人から見ると、日本の伝統的な文化や芸術について魅力を感じてもらえることが多いようですが、最近はアニメやファッションなど新しいものも世界中に拡がりを見せています。

 

そこでふと思ったのが、これ以外にも日本が近年作り出したもので、外国から見ると凄く新鮮だったり魅力的なことって、まだまだたくさんあるんじゃないかと。

 

伝統的な文化や、日本人から見ても魅力のあるもの、自信が持てるものは、それを「広めよう」とする動きが既にたくさんあるのかもしれません。

 

でも日本ではマイナーだったり、ネガティブであったりして、あまり積極的に「海外に向けて発信しよう」としないものって結構あるんじゃなかろうか。

 

自分が「これ、外国人が見たらすごく新鮮で不思議で面白いんじゃないか?」と思ったものを順番に以下に挙げてみた。

 

日本の怪談

英語版の「怪談」を読んだことがあるので、海外にも「読む怪談」はあるかと思う。

 

でも、日本の「稲川淳二」のように「話して聞かせる怪談」ってあるんでしょうか?

 

怖い「言い伝え」「伝説」はあると思うけど、稲川淳二のように「DVDソフト化」されてたり、ライブのような「ショー」として成り立つようなものって一度も見たことがない気がする。

 

イッセー尾形がアメリカで一人芝居ライブ(日本語で!)をやったらウケたという話を昔聞いたことがあるけど、稲川淳二のような人もやったらかなり怖がられそうな気がします。

 

日本の怪談はジワジワ・ジットリ・ネットリとした陰湿で独特の怖さがあるのは、アメリカホラーと日本ホラーを比べてみてもすぐにわかる。

 

うん。絶対にウケる気がする。リングや呪怨だって大ウケだったし。

 

派手さは無いけど、シンプルで繊細な描写が語り手に求められる「怪談」は、とても日本的で新鮮だと思う。

 

 

コンビで繰り広げる「漫才」

これも無いのかどうかはわからないけど、アメリカ映画でよく見るのは、一人でステージに立つ形式。

 

あとイギリスのモンティパイソンのように「コント」に近いものは見たことがある。

 

でも「二人でボケとツッコミをステージ上で繰り広げる」という形は見たことがない。

 

日本にも外国人芸人はいるけれど、大抵は「ピン」としてやっている。

 

ウケるかどうかは別として「漫才形式コメディ」は新鮮に写るんじゃなかろうか・・・

 

やっぱり出た!「暴走族」

予想通り。ヘルズエンジェルスに代表されるように、かなり大規模な暴走族は日本よりも古くからいて、むしろ「アップハンドル」はハーレーの「チョッパー」、「三段シート」はハーレーの「シーシーバー」からきている(と思われる)ことを考えると、「暴走族」というくくりでみれば新鮮でもなんでもない。

 

 でも日本の暴走族の独特の「気合い」や「忍ぶ」「ヤキ入れ」「上下関係」という概念は、海外から見ると「摩訶不思議」で「新鮮」なものに違いない。

 

しかも日本では「社会に出ていく」ことを前提に年齢を基準に「引退」するし、巨大な「麻薬・犯罪ビジネス」ともつながっていない(無いわけではないけど、一般論としてアメリカ等と比較にならないほど少なく規模が小さい)。

 

大規模なビジネス化がされずに「一部の人たちの、社会に出るまでの通過儀礼」になっている(いた)のは、間違いなく日本だけだと思う。

 

まだブロードバンドも世に出ていないダイヤルアップ時代に、とあるWebサイトに「オーストラリアから日本に留学している」という外国の若者(確か女性立ったと記憶している)の書き込み記事を見たことがあります。

 

日本の暴走族を見て

 

「ただならぬ衝撃を受けた」「彼らの生態がとても興味深い」

 

と、暴走族について事細かに調べた結果をキレイにまとめて「日本の暴走族専門Webサイト」が作られていて、そのサイトがメチャクチャ面白かった。

 

彼女にとって「特効服」も「パンチパーマ」も「リズミカルな空吹かし」「独特のルール」も極めて不思議で新鮮なものだったようです。

 

更に天まで伸びる三段シートにアップハンドルに竹槍マフラー、ノーサス、せっかくエンジンボア・アップしたのに高さ2メートルのフルカウルを装着。もはやチューンナップという名のチューンダウン。

 

実際YouTubeにアップされた「BLACK EMPEROR ゴッドスピードユー」は「英語字幕」が付いていました。

 

恐らくそれは「外国人の需要」を見込んでのこと?!

 

この映画でエンペラー総長がラストに放つセリフ

 

「暴走族も務まんねぇ奴はよ。社会になんか出れねぇってことよ」

 

こんなことを言う「ギャング」なんて、世界的に見て物凄く珍しい気がする・・・

 

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. eiga 映画製作現場を体験したら・・・
  2. mailmagagine メルマガはじめました
  3. hikari 未来への予感は全て錯覚。挫折しないために必要なこと
  4. eyecatch こんなに本格的な「空撮」にチャレンジ(予定)!
  5. bakuhatu たとえ自分の子供が暴走族になっても「珍走団」とは言いません
  6. UsaStickerNew オートジャンボリー2018にてステッカープレゼントします!
  7. roland 理想的なバイクショップ発見!Roland Sands Desig…
  8. app_up iPhoneとAndroidアプリ開発するぜ!

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP