Business

イラン人の友人を持って感じた「国民性」

P1080508

過激な発言でニュースを賑わせるドナルド・トランプ氏。

 

「イスラム教徒はアメリカへ入国させない」

 

以前に強烈な発言を耳にしたとき、こんなことを思い出した。

 

十数年前、地元を離れて単身名古屋にある大学院に通っていたことがありました。

 

大学院の研究室に所属して、向いていない研究に日夜励んでいた頃の話です。

 

その研究室はとても活発に研究に勤しんでいて、海外からの留学生も何人もいました。

 

そのなかでひときわ異彩を放つ留学生がいました。

 

ヤーヤさんというイランから来た留学生で、とにかく物怖じせずに、疑問に思ったことはガンガン質問してくるし、「おかしい」と思ったらガシガシ意見してくる。

 

イランの「国費」で留学してきた彼は、相当な「エリート」でした。

 

でも彼はあまり勉強していなかった。

 

僕の方は真面目に研究と勉強を頑張っていたけど、見事に落ちこぼれていました。

 

当時その研究室で喫煙する人が僕とヤーヤさんだけだったので、喫煙所で話をするうちにとても親しくなりました。

 

というか、共に落ちこぼれ&喫煙者同士で、二人とも若干孤立気味だったという方が正解かもしれません。

 

研究室では授業というものは殆どなく、かわりに「ディスカッション」という時間があります。

 

一人が研究の途中経過を報告して、教授や助手、講師、博士課程の学生も交えてテーブルを囲んで議論するというものです。

 

ヤーヤさんはこの「ディスカッション中」に、皆の熱い議論の声がかき消されるくらいの大爆音のイビキをかきながら熟睡していたこともありました。

 

そんな彼が「アパートを探したい」と相談をしてきた。

 

物怖じしない強い心を持つ彼が、なんだかとても元気がない様子だったので事情を聞いてみると

 

ヤーヤさんがイラン人であることを知ると、ほとんどのアパートが入居を断ってくるのだそうです。

 

彼は国費で留学してくるくらいのエリートだし、体は大きいけど気の良い青年です。

 

「僕は麻薬を売買したり、偽造テレカを売りさばいたりすることなんてしないのに・・・イラン人というだけで話も聞かずに入居を拒否するなんて悲しすぎるよ・・・」

 

ヤーヤさんは目を真っ赤にした目に一杯涙をためて話してくれました。

 

僕はなんという言葉をかけて良いのかわからず困りましたが、その後僕も一緒に付き添って不動産へ行ったのは良い思い出です。

 

その後あるとき、研究室でヤーヤさんは何やら一生懸命作業しています。

 

普段勉強なんてしてないのに。

 

よくみると、PCでDVDを焼いている。そして話を聞くと、

 

映画をDVDにコピーして売るのだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤーヤさん、それだよ・・・

 

 

 

国籍も出身なんて関係ない!って思いもあるけど、やっぱり国民性や傾向ってあるもんなんだな。

 

そんなことを痛感した出来事でした。

 

その国の人が持つ常識が、日本の一般常識や法律に合致しているとは限らない。

 

むしろ大きくズレていると考えた方が良い。

 

だから仕事をするときなんかは、相手の国の常識や国民性もしっかり頭に入れておくことも重要なんでしょうね。

 

でも僕は、そんな憎めないヤーヤさんが大好きでした。

 

友達付き合いする上では国民性や出身は、やっぱり全く関係無いと強く思います。

 

いや、むしろカルチャーショックが多くてとても楽しい。

 

大学院を出てから10数年が経過したけど、ヤーヤさんは何回もダブったらしい

 

今頃元気にしているかなー。

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. mt_fuji 今後の展望と感謝の気持ち♥
  2. Z2RS プロモーション映像制作サービスを始めました。たった今!
  3. yoppie2 1分以内の短編バイク映像が面白い!
  4. Timer_is_short 時間は「余裕が無い」方が良い
  5. 20160603_173615-1280x720 早起きに「有効なこと」と「無効なこと」
  6. webshop 族T販売Web Shop(とりあえず)完成しました!
  7. 750SS5 「倒れないバイク」をHONDAが開発!!「カッコ良さとは何か?」…
  8. flankie_wild IBIZAという摩訶不思議な場所で24アワー・パーティー・ピープ…

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP