Business

世界一即戦力な男から、就職活動を始めるキミへ

fast_fight

この時期、暖かくなってくると必ず思い出すことがあります。それは

 

就職活動。略して就活。

 

ぼくは決して嫌いじゃなかったです。

 

色々な会社を見れるのは楽しい。というか色々な場所に行くのが楽しかった。

 

ただスーツを着てオフィス街を歩くだけでも楽しかったのです。

 

でも、次第に大きな不安を抱えることになりました。

 

どうやら夏前には内定をもらってないと、かなりバイヤー(ヤバイ)らしい

 

そんな噂を聞いたからです。秋になってから。

 

周囲にペースを合わせずに我が道をいくアウトローというより、周囲の状況に全く気付かないアウトローな僕は、夜中に枕を濡らすほど悩み、焦りました。

 

だから、就活で悩んでしまう若者の気持ちはとても良くわかります。

 

自分の方はその後、なんとか別の道を探すことになるのですがその辺は極私的過ぎて、もはや書く価値もないので、これについては別の機会に譲ります。

 

 

さて、この時期になると自分のなかの記憶が甦る就活ですが、就活している人たちに勇気を与える「就活の実話」を共有します。

 

 

超ネガティブな履歴書で、50社以上から声が掛かった引きこもり

 

3年ほど前にWeb上で大きな話題となった

 

「世界一即戦力な男」

 

というWebサイト。

 

まずは読んでみてください。特に就職活動中の若い人へ。

 

「そんなもん、既に知ってるよ」という人も、もう一度おさらいすると新たな発見が間違いなくあるはずです。

 

というか付き合ってください。だって僕は知らなかったんですから。

 

だから改めて共有致します。

 

菊池くんという大学生(当時)の若者が制作したWebサイトは、

 

「世界一即戦力な男から人事担当者のキミへ」

 

という文言からわかるように、

 

自身が求職中であることを、思いきり上から目線で告知したサイトです。

 

このサイトを開設した結果、各社の人事担当者から数えきれないほどのラブコールを得て、50社以上が採用に名乗りを上げ、めでたく就職を実現させたとしてドラマ化され、本も出版されました。

 

3年前にこんなに「バズッた」話を僕は今知りました。

 

何にせよ、大成功をおさめたこのサイトで注目すべきなのは二点です。この二点さえ押さえておけば、就活なんて軽く乗り越えられるでしょう。

 

まずひとつめに、このサイトは各社の人事担当者に向けたものであるのに、

 

「就職活動」という言葉が一言も出てこない。

 

というところ。

 

もうひとつが

 

一見するとネガティブに見せかけて、実績と実践重視のポジティブ志向である。

 

というところ。

 

この二点について、お話ししようかと思います。

 

求職中なのに「就職活動」という言葉が一言も出てこない

 

菊池くんは当時大学3年生で、求職中でありました。

 

なのに「就活」という言葉は出てこない。

 

就活とは、一般的には履歴書を書いたら、希望の会社の人事担当者へこちらから「雇ってください」と、ひたすらアプローチする活動のことを差します。

 

でも菊池くんの場合は「世界一即戦力な男から人事担当者のキミへ」という上から目線な文言と、ページの最後に

 

「菊池良と面接する」

 

というボタンが用意されているだけ。

 

つまりこちらからは働きかけずに、待っているだけ。

 

今流行りの殿様営業です。

 

いや、本質はそこではなくて、重要なのは

 

既存の「就職活動」という使い古された儀式を放棄して、新たなやり方を編みだし、それを実践している

 

というところではないでしょうか。

 

人事担当者は「個性的な若者」「創造的な若者」「実行力のある若者」を求めています。たぶん。

 

でも、応募してくるのは既存のやり方を踏襲した真面目な学生さんが殆どでしょう。

 

決められたフォーマットに正しくきちんと記入して、面接では、爽やかな笑顔で

 

「ボランティアサークル活動を牽引して・・・」

 

正しい答えを正しくアピールする。

 

そうではなく、既存のやり方には無くて正しくない(かもしれない)やり方を自分の頭で編み出して、それを粛々と実行する。

 

「就職活動」という既存の言葉が出てこないのは、そんな実践の表れではないかと思うのです。

 

きっと採用に名乗り出た50社以上の企業は、この志に魅力を感じたのではないでしょうか。

 

一見するとネガティブに見せかけて、実績と実践重視のポジティブ志向である。

 

以下、自身のWEBサイトに掲載されている菊池くんの経歴です。

 

1998年6月 左手を骨折する

2001年9月 左手を骨折する

2003年12月 大学入学検定試験合格

その後6年ほど引きこもり活動に従事

 

その下には

 

菊地の即戦力なTOEICスコア

と記載され、その点数は160点。

 

一見すると、とてもネガティブな内容に見えますが、よく見るとそうじゃない。

 

他にも確かに書いてある内容は、超ネガティブであったりふざけていたり意味不明だったりするのだけれど、重要なのは

 

凝ったデザインと動きのあるWEBサイトを設計・実装しているのは、菊池君本人であるというところ。

 

少なくとも大学でWebプログラミングを専門に学んでいたわけでもないのに、自分が出したアイデアを実現するために独力で勉強して調べて、このサイトを制作したというのは揺るぎない実績であります。

 

本人が「やりたいこと」や「志」は重要な要素だけど、一番説得力があるのは「実績」です。

 

企業が最も好み、安心するのは「実績」だったりします。

 

なぜなら実績は嘘も間違いも冒さないからです。

 

めでたく就職した菊池君のその後

見事LIGに就職した菊池君は、主にLIGのコンテンツ(記事)を作るライターのような仕事をしてるみたいです。

 

菊池くんの最近の記事はこちら。

 

テーマは「ヒモになりたい」です。

 

菊池くん、大丈夫か・・・?

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. movie 【特集】カッコ良くてCOOLなバイク走行映像の撮りかた
  2. 20160603_173615-1280x720 早起きに「有効なこと」と「無効なこと」
  3. 20160330_195252 日産グローバル本社ショールームで見つけたノスタルジックな車!!
  4. kozukue サイトのファン数が4000人を突破しました!
  5. P1110021 鎌倉にオープンするグリーンルームのビーチクラブ!この情報を展開す…
  6. Frame_eye 【SRビルドプロジェクト】サンドブラストと塗装を引き受けてくれた…
  7. Timer_is_short 時間は「余裕が無い」方が良い
  8. 20161004_213158-1280x720 このサイトの方針を変える(前半)!

おすすめ記事

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

kaigai 海外からの視聴者が激増中

先日、何気なくYouTubeの地域別の視聴回数割合を見てみたら、日本での視聴回数割合がガタ落ちし…

eyecatch2 早朝Runミーティングに参加&撮影してきました

先日撮影させてもらったキャンプラリーを主催している @Owaiknight が、早朝Runを企画…

kimura Hot Rod Custom Show 2018に行ってきました!

行ってきましたHot Rod Custom Show 2018今回はプレスとして入場するので…

hrcs2016 Hot Rod Custom Show 2018は12/2(日)パシフィコ横浜にて

タイトルの通り今年もHot Rod Custom Show 2018が12/2(日)にパシフィコ…

business 怒涛の出世&有名になった大学の同期と自分の違い

先日、ニュースサイトのリンクを辿っていたら、こんな記事が目に飛び込んできた。LinkedIn…

set ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト

先日紹介した「ヘルメットで髪型ペッタンコ改善プロジェクト」にて、前回に引き続いてカットモ…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP