Business

世界一即戦力な男から、就職活動を始めるキミへ

fast_fight

この時期、暖かくなってくると必ず思い出すことがあります。それは

 

就職活動。略して就活。

 

ぼくは決して嫌いじゃなかったです。

 

色々な会社を見れるのは楽しい。というか色々な場所に行くのが楽しかった。

 

ただスーツを着てオフィス街を歩くだけでも楽しかったのです。

 

でも、次第に大きな不安を抱えることになりました。

 

どうやら夏前には内定をもらってないと、かなりバイヤー(ヤバイ)らしい

 

そんな噂を聞いたからです。秋になってから。

 

周囲にペースを合わせずに我が道をいくアウトローというより、周囲の状況に全く気付かないアウトローな僕は、夜中に枕を濡らすほど悩み、焦りました。

 

だから、就活で悩んでしまう若者の気持ちはとても良くわかります。

 

自分の方はその後、なんとか別の道を探すことになるのですがその辺は極私的過ぎて、もはや書く価値もないので、これについては別の機会に譲ります。

 

 

さて、この時期になると自分のなかの記憶が甦る就活ですが、就活している人たちに勇気を与える「就活の実話」を共有します。

 

 

超ネガティブな履歴書で、50社以上から声が掛かった引きこもり

 

3年ほど前にWeb上で大きな話題となった

 

「世界一即戦力な男」

 

というWebサイト。

 

まずは読んでみてください。特に就職活動中の若い人へ。

 

「そんなもん、既に知ってるよ」という人も、もう一度おさらいすると新たな発見が間違いなくあるはずです。

 

というか付き合ってください。だって僕は知らなかったんですから。

 

だから改めて共有致します。

 

菊池くんという大学生(当時)の若者が制作したWebサイトは、

 

「世界一即戦力な男から人事担当者のキミへ」

 

という文言からわかるように、

 

自身が求職中であることを、思いきり上から目線で告知したサイトです。

 

このサイトを開設した結果、各社の人事担当者から数えきれないほどのラブコールを得て、50社以上が採用に名乗りを上げ、めでたく就職を実現させたとしてドラマ化され、本も出版されました。

 

3年前にこんなに「バズッた」話を僕は今知りました。

 

何にせよ、大成功をおさめたこのサイトで注目すべきなのは二点です。この二点さえ押さえておけば、就活なんて軽く乗り越えられるでしょう。

 

まずひとつめに、このサイトは各社の人事担当者に向けたものであるのに、

 

「就職活動」という言葉が一言も出てこない。

 

というところ。

 

もうひとつが

 

一見するとネガティブに見せかけて、実績と実践重視のポジティブ志向である。

 

というところ。

 

この二点について、お話ししようかと思います。

 

求職中なのに「就職活動」という言葉が一言も出てこない

 

菊池くんは当時大学3年生で、求職中でありました。

 

なのに「就活」という言葉は出てこない。

 

就活とは、一般的には履歴書を書いたら、希望の会社の人事担当者へこちらから「雇ってください」と、ひたすらアプローチする活動のことを差します。

 

でも菊池くんの場合は「世界一即戦力な男から人事担当者のキミへ」という上から目線な文言と、ページの最後に

 

「菊池良と面接する」

 

というボタンが用意されているだけ。

 

つまりこちらからは働きかけずに、待っているだけ。

 

今流行りの殿様営業です。

 

いや、本質はそこではなくて、重要なのは

 

既存の「就職活動」という使い古された儀式を放棄して、新たなやり方を編みだし、それを実践している

 

というところではないでしょうか。

 

人事担当者は「個性的な若者」「創造的な若者」「実行力のある若者」を求めています。たぶん。

 

でも、応募してくるのは既存のやり方を踏襲した真面目な学生さんが殆どでしょう。

 

決められたフォーマットに正しくきちんと記入して、面接では、爽やかな笑顔で

 

「ボランティアサークル活動を牽引して・・・」

 

正しい答えを正しくアピールする。

 

そうではなく、既存のやり方には無くて正しくない(かもしれない)やり方を自分の頭で編み出して、それを粛々と実行する。

 

「就職活動」という既存の言葉が出てこないのは、そんな実践の表れではないかと思うのです。

 

きっと採用に名乗り出た50社以上の企業は、この志に魅力を感じたのではないでしょうか。

 

一見するとネガティブに見せかけて、実績と実践重視のポジティブ志向である。

 

以下、自身のWEBサイトに掲載されている菊池くんの経歴です。

 

1998年6月 左手を骨折する

2001年9月 左手を骨折する

2003年12月 大学入学検定試験合格

その後6年ほど引きこもり活動に従事

 

その下には

 

菊地の即戦力なTOEICスコア

と記載され、その点数は160点。

 

一見すると、とてもネガティブな内容に見えますが、よく見るとそうじゃない。

 

他にも確かに書いてある内容は、超ネガティブであったりふざけていたり意味不明だったりするのだけれど、重要なのは

 

凝ったデザインと動きのあるWEBサイトを設計・実装しているのは、菊池君本人であるというところ。

 

少なくとも大学でWebプログラミングを専門に学んでいたわけでもないのに、自分が出したアイデアを実現するために独力で勉強して調べて、このサイトを制作したというのは揺るぎない実績であります。

 

本人が「やりたいこと」や「志」は重要な要素だけど、一番説得力があるのは「実績」です。

 

企業が最も好み、安心するのは「実績」だったりします。

 

なぜなら実績は嘘も間違いも冒さないからです。

 

めでたく就職した菊池君のその後

見事LIGに就職した菊池君は、主にLIGのコンテンツ(記事)を作るライターのような仕事をしてるみたいです。

 

菊池くんの最近の記事はこちら。

 

テーマは「ヒモになりたい」です。

 

菊池くん、大丈夫か・・・?

 

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. kodomonokuni 「早起き日記」この世で一番つまらない記事を書くことにしてみました…
  2. app スマホで愛車を自由にカスタムシミュレーションできるアプリを発見!…
  3. eye WEBデザインリニューアルをやり直し
  4. SR400 SR400をビルドする!完成時期未定!
  5. Z2RS プロモーション映像制作サービスを始めました。たった今!
  6. hotrod_25th 12/4(日曜)はパシフィコ横浜でHot Rod Custom …
  7. 20161004_213158-1280x720 このサイトの方針を変える(前半)!
  8. eiga 映画製作現場を体験したら・・・

おすすめ記事

horror_drive 煽り運転が無くなる?!煽り運転について・・・

煽り運転を空から監視して1時間半で10件検挙というニュースを見ました。煽り運転による死亡事故…

account 「ヤバいですよ、このアカウント閉鎖されますよ」突然来た警告

”ヤバいですよ、このアカウント。閉鎖されるかもしれないです。”先日リリースし…

DaigoDigestNew カフェレーサーカスタムのMachに乗るDiningBar店長ドキュメンタリー・ダイジェスト版リリース!

先日、横浜でダイニングバーMotownDinerの店長を務めるMach(350SS)に乗るダイゴ…

WebDesign Webサイトデザイン一新計画

このサイトはYouTubeやInstagramに比べるとだいぶひっそりと運営しているので好きなこ…

yuSR500 83年式SR500に乗るモデル女性ドキュメンタリーのダイジェスト版リリース

先日の記事で紹介した、カフェレーサー仕様の83年式のSR500に乗るプロのモデル女性。彼女を撮影…

diner2 マッハとC72で並んで走る。旧い物大好きな素敵な夫婦ドキュメント映像リリース!

横浜にあるMotownDiner という洒落たダイニングレストラン。このお店に勤める店長が旧…

DSC_0263 ひとり言ブログ「そんなに重要なことなの?」

今日の午前中は以前から悩まされていたソフトウェア上のバグを修正する作業に取り組んでいた。お昼…

blackhole そんなにスゴいの?!ブラックホール観測の凄さ

ブラックホールの観測に史上初めて成功したというニュースを見て1週間ほどのあいだコーフンしてます。…

akanechan GPZとハーレー、シングルがゴチャ混ぜで走る

先月(2019年3月)撮影したヨッティ @yottyspeedman の映像の編集が完了したので…

sakura 夜桜と夜に聴こえるピアノの相性は抜群?!

実話ショートショート。先週の金曜日の夜、仕事から帰ると家族がでかけていたので一人で久々にビー…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP