Blog

初のプロモーション映像制作!

youtubeSumbNail

運営中のYouTubeチャンネル「nostalgicbike」で人気の女性モデルYUさん。

バイクが好き、免許を持っているだけでなく、自身でカスタムされたSR500に乗っている。

 

 

彼女だけでなく、このサイトで運営しているチャンネルに出演してくれている人は皆旧いバイクを自身で手に入れて自身でカスタムした人たち。この点は自分にとってはキレイに撮るのと同じくらいに重要なことである。

 そんな彼女と一緒に仕事をしたことは「楽しい時間を過ごせた」というだけでなく、自分の作品の一つとしてとても良いものが出来たという重要な意味合いもある。

そんな彼女から「プロモーション映像を撮影してくれませんか?」と打診があった。

至極単純に嬉しい。再度話を持ち掛けてくれるということは、前回の仕事にも満足してもらえたという証拠でもあるから。

 普段から記事の中でも書いているけど、サイトを発展させて更に面白いものにしていくためには「利益化」「事業化」は必須。だから「楽しければお金はいらない」「他人の役に立てればお金がなくても幸せ」という考えは自分の中にはない。

もちろん、自分が楽しんで他人にも喜んでもらうためには発展が必要で、発展のためには手段としての利益が絶対必要ということであって、儲ければそれで良いということでもない。

自分の儲け、楽しさ、相手の喜びという3大要素の良いとこ取りのバランスは自分で決める必要があるということでもある。

そういう意味ではこのサイトを立ち上げたきっかけは、自らアプリケーションやシステムを作り、それはとても面白くて、使ってくれる人は喜んでくれるだろうと自負できるものだったのに、それらを求めているであろう人たちはそれを知らないがために誰もそのシステムを使ってくれないというジレンマを抱えたことだった。

面白いアプリ(当時はバイク関連アプリ)を作ったところで、その存在に気付いてもらうためにはまず人を集める必要がある。そして速いスピードで人を集めることができるのは「面白いコンテンツ」であるという考えに至った。そこで「旧いバイクの美しい映像」というコンテンツであれば多くの人に集まってもらえるだろうという戦略が起点だった(その当時は「バイク映像を映画のように美しく撮る」という活動をしている人がいなかったから)。

「バイクという市場は先細りだからやめたほうが良い」という意見もあったし、自分もその意見は「日本」という国を限定した話であれば間違えではないと思う。でもバイクというのは日本特有のものではなく世界で共通した娯楽であり、言語への依存もないからコンテンツをひとつ作れば世界中で見てもらえる可能性があるという意味でも、「人を集めるコンテンツ」としては意外と妥当なのではという目論見もある。

そして、特定の嗜好を持った多くの人さえ集まってくれれば、開発した同ジャンルのサービスやアプリケーションを多くの人目に触れる土俵に乗せることも出来るし、ITに関連したサービスだけでなく商品を売ることもできるかもしれない。

そんな考えでコンテンツを発信し続けた結果、たくさんの人が集まってくれた。

その一方で、当サイトのウリである「映像を綺麗に撮る」ために必要なスキルとコストは飛躍的に下がり続けている。

つまり、初期に投資した機材を使い続けて同じテーマで同じように撮り続ければ、自身も見てくれている人も飽きてしまう。であれば、集まってくれた人たちを飽きさせず、更に楽しんでもらうためにもコンテンツそのものを発展させることが必須だ。

利益が生まれれば、更に面白いコンテンツを創る種になり、更に多くの人を集めて・・・というループを形成できる。

 そしてたくさんの人を集めたら、今度はアプリケーションも世に出すんだ!と意気込んでみたは良いけれど、自分はアプリ開発に向いていないという致命的な弱点に気付いた。

いや、何処かで気付いていたとは思う。かつてひとりで孤独に部屋でひたすらソフトウェアのコーディングをしていたときは誰とも接することなく、誰からも干渉されることなく、人目に晒されることもなく、ひとりでヒッソリとコードを眺めていることが単純に楽だという感覚はあった。

そして描く夢と目指すシステムが大きければ大きいほど、手に入る結果はずっと先の未来になるから戦略の妥当性を振り返る必要もないし、出てきた結果にガッカリすることもない(日々「精進」するのみ)。

結果を出さずとも「いつかは・・・」と遠くを見つめながら、自分だけの大きな夢にすがることができる。そんな感覚は心の隅に常時確実にあった。

だから自分のなかで「本当にやるべきことは他にあるんじゃないか?」という、スッキリしない感覚を常に抱えていたのはそのせいだったと思う。

少しずつ取り組む内容が変わっていったのも、上のような感覚を抱え続けていることを心の何処かで意識していたからなのかもしれない。

そして今この瞬間も「自治体のプロモーション映像を撮影した」ことについて書くつもりだったのが、気付くと「自分が目指していた方向と現実のギャップ」という全く別の話題になっている。

 

自分の目指す方向を常に見据えながら、いま起きている「この先どう転ぶかわからない展開」を楽しみながら人生を過ごす方が性に合っている・・・のかなぁ・・・。

モデルYUさんとカーくる(車専門メディア)、岐阜県大垣市と一緒に行ったプロモーション撮影については別途書きますm(_ _)m

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. sumbnail 初体験で酷い体験
  2. okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた
  3. eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言
  4. image メンテナンス(FフォークOH)♪
  5. business 怒涛の出世&有名になった大学の同期と自分の違い
  6. IMG_4655 ヨンフォアミーティング2017
  7. audition3 あまりにもレベルが低すぎる格闘映画オーディション映像で腹がよじれ…
  8. okinawa_sky3 こんなふうに生きてみたい

おすすめ記事

BackLashFullBlogTitle BACKLASHを追った長編ドキュメンタリー完成!

時は遡り、去年(2019年)の秋口に撮影したレザーブランドBACKLASHのスタッフ笹森さんとオ…

yakei 「迷惑なことはやめよう」の落とし穴(前編)

YouTube上に映像をアップしていると、たくさんのコメントを頂きます。もちろんその殆ど(感覚的…

opening カッコいい映像を撮る方法と映像撮影技術の発展

最近、映像制作の世界が激熱だ。あくまで個人的に感じている話だけど、皆に観てもらえる映像を大き…

okinawa_sky3 こんなふうに生きてみたい

これまでにこのサイトでたくさん撮ってきたショートドキュメンタリー映像。その殆どは「バイク乗り」た…

sambnail2 Hot Rod Custom Show 2019インタビュー映像第1弾

先日記事にしたロッドショーのインタビュー取材映像をアップしました。YouTubeにアップされ…

junonBoy チャンネルに出演してくれた若者がグランプリ受賞

ちょっと古い話になるけど、夏にイベント取材で行ってきた「オートジャンボリー2019」。ここで…

GoodByTV 「さよならテレビ」テレビ局が作った挑発的なドキュメンタリー映画

「さよならテレビ」闇営業、ジャニー喜多川氏の死去などテレビ業界は衰退の一路を辿っていることは…

okinawa_sea 様々なプロジェクト立上げ進行中

中途半端に色々なことに手を出す。これはどちらかと言うと良くないことだというのは幼少期の頃には…

HRCS2019 ホットロッドカスタムショー2019での取材と映像編集について

今年も行ってきたホットロッドカスタムショー2019。今回も去年と同じようにオワイナイトのタク…

YuAndGifu 岐阜県大垣市プロモーション映像公開しました!

「モデルYUと一緒に行く岐阜県大垣市ツーリング」という題名は今勝手に作ったんだけど、SR50…

Business

  1. YuAndGifu
  2. business
  3. motosuko
BackLashFullBlogTitle
  1. before_start2
  2. chiinEye
  3. Triumph
  4. 350ss
  5. eye
  6. impara_eye
PAGE TOP