Blog

Instagramフォロワー数がもうすぐ・・・

okinawa_sea

Instagramをやり始めてから3年くらい経つだろうか。

タイムラインをさかのぼってみると、初投稿が2015年12月30日になっているので、やっぱり3年と2ヶ月くらいだ。

当初の使い方は写真をアップするだけで映像は無し。投稿もしたりしなかったり。

でもTwitterやFacebook、YouTubeと比較すると知らない人とやり取りがしやすかったり、基本的に画像投稿が中心だから難しいこと何も考えずに直感的に見れるし、独特の世界観を持っている人のフィードを眺めるのも楽しい。

そしてテキストは二の次だから誹謗中傷、批判を書き込む人も少なく、炎上やお説教も起きにくい平和なスタンスが性に合ったのか、割と楽しく継続できています。

更に、キレイに写真を撮る人はたくさんいるけれど、デジイチやドローンを使って映像・動画を撮る人は写真と比較して圧倒的に少ない。

だからちょっとだけ凝った映像・動画を撮れば「素人でも目立てる」というメリットがInstagramにはある。

Instagramをはじめる前はFacebookの拡散力にドップリとハマっていて、このサイトとFacebookを連携させて毎日夢中でグルグルと回していたけど、現在は活動の中心はすっかりとInstagramとYouTube。

Facebookの方は、Instagramに投稿するついでに自動投稿する程度で、メンテナンスが疎かになっています。

自分の感覚だとInstagramは投稿が「拡散」しにくいけれど気軽にフォローしあえるので、会ったことのない人と交流しやすいという特徴がある。

それもあって最近の撮影対象はほぼ100%の割合でInstagramで知り合った人たちだ。

そんなわけで、外へ出ては撮影&編集を継続した結果、フォロワーの方も毎日少しずつ増え続けてくれて2019年2月26日現在は9530人にまで増えてくれました。

フォローしてくれている方、いつも見て頂いている方々には本当に感謝です。ありがとうございます<m(_ _)m>

更にいうと、Instagramはフォロワー数が1万人に達すると、一部のフィード(ストーリーズ)にリンクが張れるようになるという。

もちろん、「フォロワー数が1万人の自分は、一般人としてはかなりの人気者の部類に入る」などと言いたいわけもなく。

そもそもInstagramもYoutubeもFacebookもWebサイトも自分自身は全く表に出ていなくて、出ているのは被写体の人たちであってボク自身は顔も名前も全く知られていないのだから人気者になりようがない。

自分自身は街なかや同窓会で、学生時代の旧友に再開したときに「久しぶりぃ!」なんて元気に声を掛けてみたら、相手は自分のことを全く憶えてなかったことだって1度や2度じゃない。

だからそんな自分がフォロワー数を誇示して「自分は人気者である」と虚勢を張ることなんかより、この「リンクが張れる」ことで更に色々な可能性が拡がることの方が重要なんです。

もちろんリンク先につまらないものや有害なものを用意したところで何の意味も無いけれど、そこに面白いと思ってもらえるものを用意できれば、それを起点に色々な展開があるのだと思う。

その展開を見ること自体が楽しみでもある。

なので水面下で色々と面白いものを用意していきたいと思う今日このごろです。

画像も映像もオチも無い内容だけど今日はこのへんで・・・

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. cafe nostalgicbike.comは「忙しい人」には絶対にならな…
  2. P1170346 優秀な人材とそうでない人材の違い
  3. gallery_template8 英国製作の暴走族ドキュメンタリーに集まる日本人コメントが不気味す…
  4. After Carnival
  5. eyecatch 幸せ度世界一の国デンマークの本と映画がブッ飛んでいて衝撃的
  6. okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた
  7. WebDesign Webサイトデザイン一新計画
  8. junonBoy チャンネルに出演してくれた若者がグランプリ受賞

おすすめ記事

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞!史上初の快挙

先日観に行って感銘を受けた「パラサイト 半地下の家族」ホントに面白かったけど、先日ブログに書…

ferariEyeCatch フェラーリに乗る金持ち青年社長ドキュメンタリー製作中

先日記事で書いた「金も地位も無くても最高に自由で幸せな人のドキュメンタリー制作中」こういうの…

PowerOfmemo 「メモの魔力」

最近、投稿するブログの分野にますます全く統一性が無くなってきたけど、この方が心地が良いのでこのま…

SorryWeMissedYou 「家族を想うとき」ケン・ローチ最新作をみて

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督の最新作ということで「家族を想うとき」を観てきた。学生時代に観…

freeman 金も地位も無くても最高に幸せな人のドキュメンタリー制作中

最近取り組んでいる「ドキュメンタリー制作」が面白い。前回書いたように「自分が観たい」と思うような…

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」が最高であることと韓国映画の特徴

ここ1〜2年、映像というキーワードを意識するようになってから映画を観に行くとき「映像制作の参考に…

motown_locohama 2020年にYoutubeでたくさんの再生回数を稼ぐ / チャンネル登録される動画とは

このサイトでは「旧いバイク好き」な運営者が色々な旧いバイク乗りの人たちのドキュメンタリーを撮って…

BackLashFullBlogTitle BACKLASHを追った長編ドキュメンタリー完成!

時は遡り、去年(2019年)の秋口に撮影したレザーブランドBACKLASHのスタッフ笹森さんとオ…

yakei 「迷惑なことはやめよう」の落とし穴(前編)

YouTube上に映像をアップしていると、たくさんのコメントを頂きます。もちろんその殆ど(感覚的…

opening カッコいい映像を撮る方法と映像撮影技術の発展

最近、映像制作の世界が激熱だ。あくまで個人的に感じている話だけど、皆に観てもらえる映像を大き…

Business

  1. YuAndGifu
  2. business
  3. motosuko
BackLashFullBlogTitle
  1. before_start2
  2. chiinEye
  3. Triumph
  4. 350ss
  5. eye
  6. impara_eye
PAGE TOP