Blog

”ルール”は”絶対”ではない

okinawa_sea

本サイトでは映像を撮影したら、編集したりBGMをつけたりしてYouTubeへアップロードする活動をしています。

基本的に自分で撮影した素材を使うので、映像の内容そのものに関しては著作権的な法律の問題は発生しません(道路交通法のことではない)。

たまに問題に挙がるのがBGM。

自分で創作した楽曲なら別として、他人が創作した楽曲を使うとなると、間違いなく著作権の問題をクリアして公開する必要があるわけで。

本サイトの場合は、artlistという海外の著作権フリーの楽曲提供サイトに年会費を払ったうえで楽曲をダウンロードして使ったり、知り合いに作ってもらったりしているので、基本的に著作権の問題はクリアした楽曲を使っています。

 

それでもたまに、「この楽曲は著作権に違反している。利益を享受する権利はこちらにある」的なクレームを受けることがある。

投稿されたコンテンツに対してGoogleに「この著作物の所有権は自分にある」などの通報をすると、投稿者へ通知が行く仕組みになっていて、通報された投稿者はこの通報の内容に対して一定期限内に回答しなければならない。

しかし期限内に回答しなかったり、回答してもその内容を見てGoogleが「著作権は通報者にある」と判断すると、広告の利益は投稿者の代わりに通報者へ支払われるというシステムになっているみたい。

本サイトも幾度となくクレームを受けていて、そのたびに

「著作権フリーの楽曲提供サービスから購入しているので問題は無い」

と異議を申し立てている。

それでもいくつかは認められずに、広告収入が通報者へ支払われているコンテンツもあったりも。

 

このような著作権の絡みの話しは、インターネット&スマートフォンが登場して誰もが情報発信者になったことで、一気に身近なものになってきた。

最近は著作権に関する改正法案の話題で盛り上がっているし、皆の関心も高くなっているのでしょう。

世間のそんな風潮の中でも強く思うのは、

法律やルールだけを基準に杓子定規で判断するのは適切じゃない

ということでしょうか。

著作権には

著作者の利益を護る。著作者が享受できるはずの利益を横取りしない。

という大事な目的があるのだから、著作者の利益を侵害していないかどうかを考えて、その都度自分で判断すれば良い。というかそれ以外に方法は無い。

というのが自分の感覚。

だって、インターネットの世界の変化スピードはお役所の変化スピードよりはるかに速いのだから、最新のルールを守ることが必ずしも著作者の利益を守ってくれるとは限らないから。

 

例えば、あるアーティストのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されている動画を観て感動した人が

「この良さをブログに書きたい」

という想いに駆られて、ブログにレビュー記事を載せる。

YouTubeコンテンツは記事内に埋め込むことができて、これ自体は著作権に抵触することはない。

せっかくならブログのサムネイルもその動画の中のものを使いたいということで、動画の1フレーム分のスクリーンショットをサムネイルに使うと、こちらは著作権的には限りなくアウトでしょう(2019年2月時点)。

ルールに従ってサムネイルは無し、もしくは関係のない別の画像をサムネイルに使うのは法的には妥当かもしれないけど、とてもナンセンスな気がしてならず。

こういうWebサイトを運営しているとわかるけれど、サイトへ訪れてくれた人にその記事を読んでもらうためにも「サムネイル」は非常に重要です。

つまり「サムネイルを設定しない」ことでその記事がクリックされて開かれる数がグッと減るわけです。

他にも、最新の映画を観て感動した人が予告編映像を勝手にキャプチャーしてInstagramに貼り付けるのも著作権的にはたぶんNG。

SNS時代の口コミの大部分はSNSで拡散していくのだから、杓子定規的に「法的にNGだからやらない」というのは著作者や業界にとって良いことだとは到底思えない。

最近は映画の宣伝にSNSだって普通に使ってるし、ユーザーが「シェア」することが最も効果的な拡散になるのは今や当たり前の時代なのだから、著作者側だってこれを期待しているのは間違いない。

”載せたかったけど著作権的に引っ掛かりそうだからやらなかった。”

これによって発生した機会損失を金額に換算して積み上げるといくらぐらいになるのだろうか?

この損失は著作権法によって発生したのだとしたら、著作権法が利益を妨げたことになる。つまりは著作権法が著作権を侵害したという見方もできる。

もちろん、インターネットの世界に全く抜けも矛盾もない完璧な法律なんてきっと作れないのだろうけど、だからこそ自分で考えて自分の頭で判断する力が益々大切になっていると感じるこんにちです。

そして著作権に絡む問題はどうしても「意識しないところで他人の著作を盗んで法に触れてしまう」ことを危惧しがちだけど、「盗まれるのではないか・・・」という立場が羨ましい複雑な気持ちのこんにちです。

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. sambnail はじめてしゃべってみました
  2. yaritaihoudai 「明日クビになっても大丈夫」会社がイヤで辞めた先にあるもの
  3. gallery_template8 英国製作の暴走族ドキュメンタリーに集まる日本人コメントが不気味す…
  4. cpw CPWリニューアルオープン・パーティーへ
  5. image 撮りツー♪
  6. image メンテナンス(FフォークOH)♪
  7. 640 書を捨て街へ出よ!度胸と根性の「フォトグラファーズ・イン・ニュー…
  8. eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

おすすめ記事

burning 「バーニング」という韓国映画に学ぶ映像の楽しさ

少し前に「バーニング」という韓国映画を観た。ちょっと時間が空いたスキに観ようとしたとき、他にも面…

Ohchan 「旧車はトラブルだらけ?」へのたくさんの反響!ありがとうございます

先日リリースした映像「旧いバイクは本当にトラブルだらけ?!現在乗ってる5人に聞いてみた」…

akaneeyecatch 可愛らしい女性ハーレー乗りの行動力

先日遊びに行ってきた豊川で撮影した映像をちょっとずつ編集してまして、いくつかベリーShortバー…

eyeCatchTxt 旧車はトラブル多くて維持が難しい?!実際に乗ってる人たちから話を聞いてみた

このサイトとは別で運営しているYouTubeチャンネル。コメント入力を開放しているので毎日たくさ…

business 映像関連のサービスはじめます

先日渋谷を通ったら、一眼レフカメラ+ジンバルを片手に歩いている人たちが驚くほどたくさんいた。…

inoue_mach_dark YouTubeチャンネルで再生回数を上げる方法

このサイトとは別にこちらのYouTubeチャンネルを運営しています。撮影した映像をYouTu…

motosuko 自分の中の”引きこもり”を認める・・・

 最近また懲りずに「ツーリングアプリ」の設計を再開しました(ツーリングアプリの詳細はこちらの記事…

Suke 愛知県へ遠征&空冷ZやHarley-Davidsonたちを撮影

1年前に撮影した「カフェレーサー・ドキュメンタリー(風)映像完成!空撮したよ!」出演して…

okinawa_sky3 最近の若者は平気で○○する!?

最近、知っている人(知人という意味ではなく、主に芸能人・有名人で知っている人という意味)が頻繁に…

eyecatch スケート・カルチャー(仮題)

先日、高校の頃から遊んでいる友達に久々に会ってきた。吉祥寺で待ち合わせてたんだけど、皆が来れる時…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP