Old-Bike

早朝Runミーティングに参加&撮影してきました

eyecatch2

先日撮影させてもらったキャンプラリーを主催している @Owaiknight が、早朝Runを企画しているとのことで参加させてもらってきました。

夜が白々と明ける時間帯の渋谷で集合して、東京タワー、レインボーブリッジを経て、東京ゲートブリッジへ向かうという企画です。

これは行きたい。

これまで昼間〜夜にかけての郊外を舞台にした映像はたくさん撮っているけど、早朝の都会は撮ったことがありません。

そんな未体験の世界を走り抜ける姿は是非是非撮りたいってことで真っ先に参加表明。

当日遅刻しないように前日から実家に泊まり、まだ暗いうちから出発しました。

5:30に集合場所である代々木公園の脇へ行くと、主催者のタクヤ君もほぼ同時に到着。

出発時刻は6:00なので、コーヒーを買い撮影の準備をしながら談笑。

主催のタクヤくん曰く

「この時期のこんな時間に来るヘンタイは多分いませんよ」

なるほど。誰も来ない。

そうなれば二人でしかできないことを試してみたいってことで、スクランブル交差点にハーレーを置いて撮ってみたり、東京タワーをバックに撮ってみたり、先日購入したGopro7で撮ってみたり色々と”遊んでみる”ことを優先させた。

そしたら結果的に結構良い感じに撮れて満足してます。

ま、楽しい雰囲気のなかで撮ることが直接的に良い映像作品に必ずしもつながるとは思ってないですけど、楽しみながら撮れるに越したことはないですから※

ちょっと話がそれますが、この”撮影時の雰囲気”は当然画面にも表れるものなのでしょうけど、

「良い雰囲気の映像を撮るためには、撮影現場がリラックス&伸び伸びとした良い雰囲気であるほうが良い」

 わけではないことは、例えば歴代の名作映画の制作後記を調べたりするとよくわかったりします。

すごく雰囲気の良いシーンなのに、実は撮影現場の雰囲気は最悪だった

なんて話よく聞きます。

 有名な作品だと1978年に製作されてスピルバーグの名前を世界中に轟かせた「JAWS」

予算が足りないのにスピルバーグがこだわりまくるのもあって、予算も時間も足りずに撮影はグダグダ。この映画の撮影現場の雰囲気は最悪でクライマックスの撮影時なんてみんなやる気ゼロ

「こんなクソ映画ヒットするかよ」

という空気が蔓延してみんなイライラしているなか、

ピリピリと張り詰めた空気に耐えかねたスピルバーグ監督は

撮影途中でブッチして飛行機で一人逃げ帰ったという。

主演のリチャード・ドレイファス含めた現場の人たちはみな「完全にコケた」と思っていたそうです。

それがいざ蓋を開けてみたら歴史的な空前ヒット作品。

そんな伝説が残ってます。

まあ、これはあくまで伝説なのでどこまで真実なのかはわからないけど(そもそもこの逸話を本で読んだ自分の記憶も曖昧)、こういった話は意外とよく耳にしたりします。

これは通常の職場ではありえないことだと思うんですが(高いパフォーマンスを発揮してるのに雰囲気が最悪な職場は見たことが無い)、やっぱり「映像」の世界は加工してたうえで、良い部分だけを切り取ることが許されるからなのだと思います。

なので「ドキュメンタリー=真実」と捉えられがちだけど、意外とそうでもないという。

言いたいのは、映像の雰囲気と現場の雰囲気は必ずしも合致していないらしいよ。というどうでも良いお話でした。

それに対して、ワタシの場合は自己流の素人なので、加工する技量、良いものだけ選ぶ技量は決して高くなく、逆に捉えるとかなり忠実に現場の雰囲気が再現できているということなのかもしれません。

寒々として青みがかかった澄んだ早朝の空気、夜通し遊んだ人たちの気だるい雰囲気、そんな早朝の都会の中を気持ちよく走り抜ける姿が爽快。

とても気持ちの良い早朝Run企画。是非またやりたいですね。

下に貼りつけたのはInstagramの1分制限バージョン。現在フルバージョンは編集中で12/28(金)の21:00よりYoutubeにて配信予定でございます。

それではまた!

 

View this post on Instagram

* * * 先日Owaiknight @owainight 主催の早朝Runへ行ってきました * * ノスバイとOwaiknightのコラボ的な企画だったんですが * * 待ち合わせ場所である原宿に誰も来なかったので * * 主催者のタクヤ君 @takuya.deeesu とコラボ者のワタシの二人で早朝Runしてきました * * 「二人だけだし気を遣う必要ないから色々遊んでみよう」 * * ってことになり、なんかのプロモ風に撮ってみたり、寒々&白々とした早朝の渋谷の街を撮ってみたり、東京タワーへ行ってみたり走ってみたり * * 「スクランブル交差点で撮ってみたかったんですよ!」 * * などと二人でコーフンしながら、渋谷の街→東京ゲートブリッジまでの道のりは本当に楽しかったです。 * * “どうせ二人だし” * * 的な軽いノリで、油断して遊びながら東京ゲートブリッジへ到着したら * * 現地へ直接来ていたシンイチさんが1時間以上待っていたそうで・・ * * シンイチさん @shinichi1223 すいません * * そのままコンビニで女子会のように中年男性3人でキャッキャしたあと解散 * * こういう「人数少なくて華やかさ無し」「酒もなければ旨い食事もない」という、表面的に見れば「冴えない」「何も起こらない」 * * こんな集まりも本当に楽しい。 * * 来週のイブイブはみなとみらいの予定を計画中で、今から楽しみです。 * *

NostalgicBikeさん(@nostalgicbike)がシェアした投稿 –

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. Hawk ホークはこんな風にもイジれる!!ホークのカフェレーサーが完成!
  2. CB_cafe 河口湖 オートジャンボリー2015 の映像!DVDも欲しい!
  3. H1_cyokkan 史上最悪!?○○の直管サウンド!!
  4. gallery_template 全国バイカーズ呑み食い処!
  5. eyecatch 19歳のヨンフォア乗りの可愛い女の子ドキュメンタリー映像完成
  6. agusta_kakaku タイムトンネルで見た美しいバイクたち
  7. Motos 旧車でロングツーリング行くときの理想的な荷物入れ!
  8. Mach3 当時モノに物申す!苦情的コメントをみて感じたこと

おすすめ記事

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞!史上初の快挙

先日観に行って感銘を受けた「パラサイト 半地下の家族」ホントに面白かったけど、先日ブログに書…

ferariEyeCatch フェラーリに乗る金持ち青年社長ドキュメンタリー製作中

先日記事で書いた「金も地位も無くても最高に自由で幸せな人のドキュメンタリー制作中」こういうの…

PowerOfmemo 「メモの魔力」

最近、投稿するブログの分野にますます全く統一性が無くなってきたけど、この方が心地が良いのでこのま…

SorryWeMissedYou 「家族を想うとき」ケン・ローチ最新作をみて

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督の最新作ということで「家族を想うとき」を観てきた。学生時代に観…

freeman 金も地位も無くても最高に幸せな人のドキュメンタリー制作中

最近取り組んでいる「ドキュメンタリー制作」が面白い。前回書いたように「自分が観たい」と思うような…

parasaito 「パラサイト 半地下の家族」が最高であることと韓国映画の特徴

ここ1〜2年、映像というキーワードを意識するようになってから映画を観に行くとき「映像制作の参考に…

motown_locohama 2020年にYoutubeでたくさんの再生回数を稼ぐ / チャンネル登録される動画とは

このサイトでは「旧いバイク好き」な運営者が色々な旧いバイク乗りの人たちのドキュメンタリーを撮って…

BackLashFullBlogTitle BACKLASHを追った長編ドキュメンタリー完成!

時は遡り、去年(2019年)の秋口に撮影したレザーブランドBACKLASHのスタッフ笹森さんとオ…

yakei 「迷惑なことはやめよう」の落とし穴(前編)

YouTube上に映像をアップしていると、たくさんのコメントを頂きます。もちろんその殆ど(感覚的…

opening カッコいい映像を撮る方法と映像撮影技術の発展

最近、映像制作の世界が激熱だ。あくまで個人的に感じている話だけど、皆に観てもらえる映像を大き…

Business

  1. YuAndGifu
  2. business
  3. motosuko
BackLashFullBlogTitle
  1. before_start2
  2. chiinEye
  3. Triumph
  4. 350ss
  5. eye
  6. impara_eye
PAGE TOP