Fashion

族デザイン族族完成!こんなのも出来たよ!

1525282296772

GWも中盤となりましたが、仕事尽くしの人、遊びまくってる人、飛び石連休でGWだかなんだかよくわからない人など、皆さんそれぞれのGWをお過ごしと思います。

ボクの方はGW最終日に20人規模の撮影があるので、数日前である本日、撮影場所の大きな公園や通る予定の道に夜にこっそりと行ってロケハンしてきました。

巨大な公園はその広さのわりに街灯が1つもなく、更に現地は雨がザーザー。そのうえ傘を持っていくのを忘れて、ズブ濡れになりながら公園内に入るも、歩くのが困難なくらい何も見えず。

見えるのは数メートル先にある水溜まりだけ。聞こえるのは「ザーッ」という強い雨の音と、ときおり遠くから聞こえる鳴き声のような泣き声のような不気味な音だけ。

人が一人もいなくてだんだん怖くなり、スマホのLEDランプで目の前を照らした先がたまたまこちら向きに立て掛けられた看板で、それが人間に見えて恐怖に耐えられなくなった時点で巨大公園のロケハン終了。

何しに行ったの?と聞かれても答えられません。でも事前に思い切り道を間違えて迷っておいたので、少なくとも当日は道に迷うことは無さそうです。それよりもGW最終日の渋滞が怖い。

さて、話題は変わりまして先日告知しました族Tシャツ!!

このプロジェクトがとても面白くなってきました!

前回、アーティストのATAROさんがデザインしてくれたのはこちら↓

20180421100056

そんなATAROさんが創作意欲剥き出しで、更にデザインしてくれた!!↓

1525282296772

 

更にステッカー用のデザインも↓

1525282307620

 

1525282320619

イカス!!

これらの制作に至った経緯はこちらの記事「サイコーにイカしたTシャツをデザインしました」に掲載しています。

そして今回は「親子で乗る」ことをイメージして、可愛い子供もクールに着れるデザインってことで、ATAROさんが自ら率先してデザインして送ってくれたのです。

本記事では、なぜこのような族Tのデザイン&販売を始めようとしているのか?という「背景」について書いてみようかと。

 

族Tを制作・販売する背景

 

ボクはアーティストのATAROさんとかなり近い感覚を持っていて、今のところATAROさんデザインのもので「カンベン」と感じたものが1つもありません。

とってもカッコいいし、ユーモアもあって洒落ているし、かと言って完璧なものではなく、ダサさや雑さなようなネガティブな一面も併せ持つ素晴らしい作品だと思ってます。

だからたくさんの人が着てくれたら凄く楽しいし、価値のあることだと思う。

だからこそ売りたいし、売れてほしい。

そんなワケで皆さんTシャツ買って!是非是非買ってください!是非是非是非是非!

と言ったところで売れないことは重々承知しておりますし、強引な方法(例えば広告を打ちまくる、直接相手に「買って!」としつこくせがむなど)で無理やり売っても次に続くことはないし、そもそもちっとも楽しくもないのでやりたくもありません。

創りたいものを楽しく創りたい。その結果のありのままの行方を見てみたい。

そんな感覚があるからです。

では、やりたいことがやれて楽しければ売れなくても良いのか?というとそんなことは全くない。

よくアーティストの方が言う(イメージがある)

「売れることが目的じゃない」

という言葉は、自分がモノを創ることに参加してみて、とても強く感じることであります。

でも「売れることが目的じゃない」は「売れなくてもいい」とは全然違う。

やっぱり良いもの、少なくとも自分が「これはイイ!」「面白ぇ!!」「カッケェ!!」と思うものを世にぶつけてみて、そのインパクトの尺度の一つとして「売れる」というとても大事な要素があるわけですから。

どれだけ売れたか?は、どれだけ世にインパクトを与えたか?

これを表現する1つの指標となる。

でもでも、そうすると必ずこういう人も出てきます。

「だったらタダ(無料)で配れよ」

この考え方は大きな落とし穴があります。

お金=エネルギーに置き換えて考えるとわかりやすいです。

エネルギーは何かを動かしたり、創り出すのに必ず必要なものであると同時に、伝搬するものでもある。

要するに「力の源となるもの」という側面と「伝搬して伝わっていく」という2つの大事な側面があります。

例えばラーメンを作るには麺が必要で、麺を作るには麺の原材料が必要です。ラーメン屋さんがラーメンを作る際には、麺メーカーにお金を払って麺を仕入れて、麺メーカーは原材料メーカーにお金を払って原材料を仕入れます。

その際にお金(エネルギー)は伝搬してゆき、それがエネルギー源にもなるわけです。

エネルギーが大きいほど、そして伝搬する範囲が広いほど恩恵は大きくなり、世の中への貢献度合いも大きくなっていきます。

これは一般的にもよく言われることなので、そんなことは当たり前だと思う人も多いでしょう。

そしてもう一つ、ビジネスには更に大事なことがあると思ってます。

それは「育つ」という3つ目の側面です。

何か事業を興して、そこに価値が発生したとき、ビジネスの世界では必ず「育つ」という現象が発生します。

先の例でいうと、旨いラーメン屋さんでラーメンを食べて「美味しい!」「旨い!」と感じたとき、その気持ちは友達に伝えられ、さらに友達が食べて更に「旨い!」と感じればSNS上でも伝搬し、それを見た人が更にそのラーメン屋さんへ行き・・・という具合に「エネルギー(お金)のループ」が回り始め、その大きさが「育つ」ということ。

 

しかし、先に述べた「旨いラーメンを無料で配る」ということをやると、この「エネルギーのループ」が育ちながら回るという現象は絶対に発生しない。というか発生出来ない。

だからこそ、売るという言葉を瞬時に金儲けという概念と結びつけること自体に意味が無いし、「お金よりも大事なことがある」という言葉は間違えていないけど正しくもない。使い方によってはとても薄っぺらなものであると個人的に思う。

個人の力で何か価値のあることをやろうとすると、このエネルギーの伝搬ループが「育つ」という過程が絶対に必要です。

では何のために育てるの?育ててどうするの?

これについては次回に・・・

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. 2016-04-03 17.38.35 リーバイス501の歴史とバイーカーズファッションを語るショートム…
  2. helmet_iya ヘルメットを被った後の髪型の乱れ対策
  3. set ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト
  4. haire バイク乗りの”髪型ペッタンコ”の悩みを解…
  5. メイデンズ-thumb-822x548-43347 単車に乗るときはやっぱりブーツ!
  6. akito_kansei ”ヘルメットで髪型ペッタンコ”を改善するプロジェクト
  7. woman 「美しい女性ライダー特集」の大好評を受けて・・・
  8. saisyuu_release nostalgic Tシャツのデザインリリース!予約受付けます!…

おすすめ記事

DSC_0263 ひとり言ブログ「そんなに重要なことなの?」

今日の午前中は以前から悩まされていたソフトウェア上のバグを修正する作業に取り組んでいた。お昼…

blackhole そんなにスゴいの?!ブラックホール観測の凄さ

ブラックホールの観測に史上初めて成功したというニュースを見て1週間ほどのあいだコーフンしてます。…

akanechan GPZとハーレー、シングルがゴチャ混ぜで走る

先月(2019年3月)撮影したヨッティ @yottyspeedman の映像の編集が完了したので…

sakura 夜桜と夜に聴こえるピアノの相性は抜群?!

実話ショートショート。先週の金曜日の夜、仕事から帰ると家族がでかけていたので一人で久々にビー…

eyecatch 幸せ度世界一の国デンマークの本と映画がブッ飛んでいて衝撃的

昨日「Hygge(ヒュッゲ)」という本を買った。幸せ度世界ランキングNo.1を誇るデンマーク…

motown_locohama 渋いMach乗りを撮影してきます

4/6土曜日はイベント盛り沢山だ。毎月第一土曜日は横浜の片隅で開催されるロコハマナイト。そこ…

eyecatch ユーザーにとっての良い企業

1週間ほど前にアップルが新サービスプラットフォームを発表して大きな話題を呼んだ。世間では「発表さ…

takeshita 都会の青い夜明けの中を走る「朝Run」に参加

仲良くさせてもらっているOwaiknight(オワイナイト)企画の朝Runに参加してきた。夜…

Thruxton トーキョーモーターサイクルショー2019へ行ってきた

先日Instagram上でフォローしている人の書き込みを見て思い出したトーキョーモーターサイクル…

38CF0058-5765-47F6-A13A-0DAE3857C9E5 【予告】旧いSR500に乗るプロ女性モデルを撮影してきます

もうだいぶ前になるけれど、このサイトのエンジニア部門のエンジニアUと一緒にSRをフレームから…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP