Business

クラウドファンディング始めます

okinawa_sea

突然のタイトル。前からやろうやろうと思いつつ、先延ばしにし続けたクラウドファンディングです。

実は何年も前から構想は練っていたけど、なかなか行動に移すまでには至らず。

クラウドファンディングで誰でも手軽に資金を集めることができる時代になったとは言っても、こんな自分がいきなり「資金提供して♥」とお願いしたところで、難なく集まるとは到底思えないので、事前に根回しを実行することにしました(笑)

今日はこの根回しについてブチまけます。

資金を集めるためには

これまでにどういう想いで何をやってきたのか?そしてこれから何をやろうとしているのか?なぜ資金が必要なのか?

これが伝わらない限り、間違いなく資金は集まらないワケですが、逆に言うとこれが伝われば資金は集まる可能性も十分にあります。

だからそれをしっかりと伝えようとしているのであります。

そしてこの”伝える”、”理解してもらう”ことは簡単かと言うと、意外とそうでもないと言うのが自分の常日頃の感覚です。

そもそも伝えて理解してもらう、とは何だろうか?

どういう状態になれば”伝わった”&”理解してもらえた”といえるのだろう?

これを考えたとき、クラウドファンディングの場合は「動いてもらう」(お金を払ってもらう)のが目的である以上、「お金を払ってもらえたとき」にはじめて「理解してもらえた」と言える。

つまりは「かくかくしかじかで○○が必要なんです」と理屈を説明して、「あ〜なるほどね」と理屈そのものを理解してもらえるだけでは意味をなさないわけで。

目的が単に理屈を理解してもらう為には理屈を伝えれば良いわけだけど、クラウドファンディングの場合は理屈を伝えるのでは不十分です。

だから、どれだけ「世の中の役に立ちたい」という大義名分があって、それを裏付ける明快な理屈・論理があったとしても、お金を出してもらうためにはこれにプラスする何かが必要です。

その必要なものとは何か?

それは「そのプロジェクトが楽しい・気持ちイイ」と感じてもらう(もしくはその予感がある)ことです。

これ必須。間違いないです。

この「楽しさ(もしくは予感)」を体感してもらうためには、自分の場合は面白い記事を書いて、新しくて美しい映像を撮り、便利なアプリのプロトタイプを作って、楽しさを体感してもらうくらいしか手段はありません。

そうする中で「資金が得られればもっと面白いことが速いスピードで体感出来る」ということを感じてもらうのです。

これが出来れば

「筋の通った理屈」+「楽しい(予感)」

が伝わるということになります。

では、これが揃えばようやく人間は動くのか?と言うとまだ動かない。最後にもう一つだけ付け加えるべきものがあります。

それは「安心」です。

例えばシャンプーを買いにスーパーへ行って、たまたま手に取った商品が見知らぬ商品200円で、隣に置いてある商品のパッケージがCMでよく目にする商品250円であれば、あなたはおそらく「CMで目にする250円のシャンプー」を買うでしょう。という話はよく引き合いに出される話ですが、これも本質にあるのは「安心」です。

ではどうすれば安心して頂けるのかというと、世間で取られる方法は

ひたすら相手の目の前に現れることです。

要はテレビの原理と同じです。芸能人は才能があるからテレビに出ているというのと同時に、テレビに頻繁に出るから才能が認められる側面が確実にある。

美人だから女優になれる側面はもちろんある。でも女優として頻繁に人目に晒されることで、美人であることが認識される側面だって確実にある。

実際、テレビに出てきた当初は「なんだか全然パッとしない女優(男優)だな・・・」と違和感を感じることはよくあります。でも頻繁にテレビに出てきて半年もすれば全く違和感なく女優として受け入れているという経験は誰にでもあることだと思う。

 最初は違和感があっても、しつこく目の前に出て来られると、殆どのケースで受け入れてしまうも理屈抜きの「慣れ」。

慣れ=安心。

だから「テレビの恋愛ドラマ」の主役級を演じている人の中には「え?!こんな地味な人が?!」「似合わねぇ!」って、(ときには)不快にすら感じる人もいるけれど、何度も見るうちにすっかり違和感は消えて最終回の頃にはしっかりと感情移入。

トレンディドラマに出ている違和感が最後まで拭えなかった貴重な俳優は、今のところ「大鶴義丹」だけです(今思えばスゴイと思う)。

それもこれも本質は、何度も見の前に現れることで、その人に対して安心感を抱くという人間の心。そして結果的にその人を受け入れてしまうという心の原理があります。

ここまでの話をまとめると、気持ちよくお金を払ってもらうためには

「理屈」「楽しみ」「安心」

これらを効果的に伝えるやり方が必要ということになります。

一番良いのは僕自身がテレビに出ることかもしれない(実際にそういうやり方を真面目にやっている人もいます)けど、ちょっと無理があるのでもう少し手軽で確実なやり方を考えました。

自分がなぜこれに取り組んでいるのか?という理屈と、それを面白く楽しく伝えるコンテンツ。これを持って皆さんの目の前に頻繁に現れて安心してもらう為の効果的な手段があるのですな。

こういう話って、運営者からユーザーへ伝えるケースって殆ど無いと思います。なぜって、自分の手の内を明かすことになるからです。要は提供側の本音が見えてしまう。

「申し訳ありませんが、はじめてのお客様には当社の商品をお売りすることはできません。なぜならお客様には無料サンプルを使って頂くことで私達のことを知って頂き、納得の上で我々の商品をご購入頂きたいからです・・・」

うる覚えですが、これはドモホルンリンクルのCMの一説で、ワタシはこのCMが大っっっ嫌いです。

無料サンプルをCMに出すってことは、

無料サンプルを配ることをアピール→購入するためのキッカケを増やす→結果的に売上を伸ばしたい

という企業の本音が確実にあるはずなのに、ここをしっかりと隠して「私たちは大切なお客様のことだけを考えています」というCMコンセプトがもう白々しくてわざとらしくて嘘臭くてたまらない。

近年、大企業のCMが忌み嫌われる理由の1つはここにあると思う。

「お客様は神さま」という考えが敬遠されるのも同じ理由です。

要はCMそのものが嫌われているのではなく、

本音ではないことを、あたかも本音であるかのように公然と言ってのけてしまうセンスが嫌われる。信用できない。

嫌われないようにすればするほど、信用されようとするほど嫌われる昨今、思い切り手の内を明かした方がお互いにスッキリします。

もちろんそうすることで嫌う人、不愉快に感じる人も確実に出てきてしまうのだけど、そのリスクを負わずに本音を隠して全ての人から好かれようという態度が信用できない。

そもそもこちらの本音を不愉快に感じるのであれば、遅かれ早かれいずれはそうなるときが来るということです。ならばそれは早くわかったほうが良いということになります(お金を出してからわかってしまったほうがお互いに痛い思いをする)。

ということで、長くなってきたので、その手の内を次回明かします。

それではまた!

 

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. Emotional こんな動画は見てはいけない!泣いちゃうから・・・
  2. kozukue サイトのファン数が4000人を突破しました!
  3. yukiyukite ヤバい!!「ゆきゆきて、神軍」8/25までリバイバル上映中!
  4. wall3 横浜の穴場?!「ジャック&ベティ」のある黄金町が面白い
  5. img_20161129_000227 うぉー!!FT女子の”HARUKA-CHAN”がライ…
  6. AmPm 会社員の副業アーティストユニットの楽曲が世界中で大ヒット
  7. DSC_0603 アンナチュラルにバイク出てるバイク
  8. Dommune DOMMUNEでクラブを疑似体験する

おすすめ記事

WebEyecatch2 おかげさまで最高記録更新達成しました

先日記事にさせてもらった「角Zに乗る素敵な女性」のミナコさん。Instagramには超Sho…

eyecatch このサイトの今後と自分の好きなもの

正直に言うと、このWebサイトの位置付けに迷い続けています。もともとは 旧い国産バイクに特化…

WebEyecatch 角Zに乗る美人

Kawasaki・・・やっぱりKawasakiといえば「男のKawasaki」とか言われてい…

youtube カミナリ族に会った!

カッコいい人とバイクを撮影してきました。自分にとって「カッコいい」と感じるために必須なのが、ひと…

input InputとOutputをバランスよく

先日の記事で書いたとおり、インフルエンザにかかりました。既にすっかりと復活しましたが、復活したと…

eyecatch 物議を醸した”カフェレーサーと暴走族は本質的に同じ”発言

先週インフルエンザにかかった。。当初は37度台の熱で関節痛も無かったから「単なる風邪だろ…

okinawa_sky2 子どもの感性を育てるために映画をみせてみた

子どもがふたりいます。2019年1月現在、小学校4年生の長女と小学校1年生の長男。受験や…

okinawa_sea 「自分で選ぶ」ことについて

「自分で選ぶ」時代が流れるなかで年齢を重ねていくと、この「自分で選ぶ」ということの重要さが身…

burst Burst創刊

以前に撮影したNFKのクルーであり、スケートショップCPWの代表であるモトヤンさんのInstag…

sambnail はじめてしゃべってみました

サイトを開設してから、早いもので(たぶん)3年半ほどが経過しました。最初は旧いバイクの「写真…

Business

  1. kaigai
  2. app
  3. banksy
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP