Business

危険なドキュメンタリー映画「デンジャラス・ドックス」で危険を体験する

dangerousdogs

 

2016年に世界中の映画祭で上映され、その中でも話題となった3作品を厳選し、1本のプログラムにまとめたオムニバス企画。

 

その名も「デンジャラス・ドックス」がユーロスペースにて9/23〜10/13迄、k’s cinemaにて9/30〜10/13迄公開される。

 

これは!ということで早速公開初日にユーロスペースにて観てきました。

 

特に「渦(UZU)」は「ドキュメンタリーでもこんなやり方があるのか?!」と自分のドキュメンタリーの認識をパラダイムシフトされてしまった。

 

今までにない”体験型”のドキュメンタリー「渦(UZU)」

 

筆者はそれまでドキュメンタリーは「報道」の延長にあると思っていました。報道だけでは見えない裏側を視聴者に見せる。そして暴く。暴く内容がストーリーとして刺激的であるほど面白いドキュメンタリー。

 

それが自分の中のドキュメンタリーの定義でした。

 

そんな自分のドキュメンタリーの認識をひっくり返す「渦」は、日本在住のフランス人監督ガスパール・クエンツ監督が撮った映画。

 

クエンツ監督は上映後のトークショーでこのように語っていました。

 

”通常のドキュメンタリーでは、その事実の背景をしっかりと説明すると思います。でもインターネットが発達した今、背景となる事実は誰にでも調べることができます。

であれば、映画にはもっと別のことができる。私はこの映画を通じて、現場にいるかのような”体験”ができるものを作りたかったのです。”

 

この短編ドキュメンタリーは、とある地方の祭りが舞台になっているが、ナレーションやテロップは無く、その背景の説明は一切ない。

 

あくまで現場の「興奮」と「恐怖」という空気感に焦点を当てる。

 

出演している人たちは全身に入れ墨を入れた屈強な男たちだけど、彼らがいったい誰でどんな人たちなのかはわからない。

 

しかし男たちが絶叫し殴り合う姿にドクドクと血が逆流するような興奮を感じ、重量数トンの神輿が激突しあいカメラごと下敷きになる映像には思わず恐怖に目を逸らした。

 

”神輿の各所にカメラを固定し、テストを繰り返して最も臨場感を感じられる位置を検討しました。迫力という意味では、2つの神輿が激突し合う先頭部分に注目すべきかもしれません。

 

でも数トンの重量を持つ神輿が激突すると神輿は後ろに倒れます。この時最も危険なのは神輿の後部で、そこには死の危険が最も高い場所です。

 

私はあえて神輿の後部に焦点を置くことで、死への恐怖を再現できたと思っています”

現場の「興奮」と「恐怖」に割り切り、そこへ焦点を絞って表現した作品。

 

もちろん実際の現場はそれだけではなくて、様々な感情や事情も同じように渦巻いている。 そのことは、作品の最後で屈強な男が放つ一言のセリフにとてもよく表現されていると感じた。

 

是非劇場へ足を運んで”現場”を体験してほしい!!

 

 

 

パレスチナ難民キャンプで生きる男性を描く「帰ってきた男」

 

レバノンのパレスチナ難民キャンプで暮らす一人の青年を追ったドキュメンタリー。

 

抑圧された難民キャンプを抜け出し、生きる希望を胸に恋人を残して一人ギリシャへ飛んだ青年レダ。 レダは3年ぶりに難民キャンプへ強制送還されて戻ってきた。そして離れて暮らしていた恋人と結婚することを決意するが、このときレダはヘロイン中毒になっていた・・・

 

新居を自らの手で作り上げ、立派な挙式を挙げるために奔走しながらも、常に片手には注射器を手放すことができない。

 

「彼女と一緒になれば麻薬なんてやめられるさ」 虚しく響く言葉とともに、明るくも懸命に生きる姿を描く。

 

ロンドンで生きる人たちを観る「シット・アンド・ウォッチ」

 

イギリスの大都会ロンドンで、さまざまな人たちの感情が渦巻く様子を捉えたショートドキュメンタリー。

 

ヤジが飛び交う国会の様子、怪し気な宗教団体のスピーチ、オンラインSEX映像をライブ配信するカップル、水上観光バスで皮肉混じりに観光案内する初老の男性、バスの中での客同士のケンカなど、都会で感情が噴出する様子を静かに捉える。

 

そこに批判や正義のメッセージは無く、カメラはひたすら静かに「観る」。 イギリス独特の病んだ空気感とスタイリッシュな映像。ラストには鳥肌が立ってしまった。

 

「デンジャラス・ドックス」という企画の背景

 

この企画を立ち上げた神宮前プロデュースは、制作した「渦」が話題を呼び世界中の映画祭で上映された際に、自身も世界中のドキュメンタリーを観たそうです。

 

そしてそこには日本のドキュメンタリーの概念を超え、制作手法も全く異なる刺激的な作品が数多くあるにもかかわらず、その殆どが日本人の目に届くことが無い現実に驚いた。

 

そこで世界中の映画祭で話題を呼んだ刺激的な良作品を厳選し、自社で製作した「渦」と併せて3本立ての「デンジャラス・ドックス」として一挙公開するに至ったのだそう。

 

そんな「デンジャラス・ドックス」がユーロスペースにて9/23〜10/13迄の3週間限定、k’s cinemaにて9/30〜10/13迄の2週間限定レイトショーで公開される!!

 

予告編Part1

予告編Part2

Youtubeチャンネルもチェック↓

関連記事

  1. P1090177 セルフカウンセリングの方法!驚くほど役に立たない「カウンセリング…
  2. IMG_20171231_094410_845 「2018年の抱負」と「ノーヘル金髪女性ライダー」
  3. sky 記事の幅を拡げよう
  4. mt_fuji 今後の展望と感謝の気持ち♥
  5. kodomonokuni 「早起き日記」この世で一番つまらない記事を書くことにしてみました…
  6. business 映像関連のサービスはじめます
  7. Frame_eye 【SRビルドプロジェクト】サンドブラストと塗装を引き受けてくれた…
  8. womb16th1-thumb-822x548-46503 Wombの16周年記念イベントが2016/4/9(土)に開催!!…

おすすめ記事

burning 「バーニング」という韓国映画に学ぶ映像の楽しさ

少し前に「バーニング」という韓国映画を観た。ちょっと時間が空いたスキに観ようとしたとき、他にも面…

Ohchan 「旧車はトラブルだらけ?」へのたくさんの反響!ありがとうございます

先日リリースした映像「旧いバイクは本当にトラブルだらけ?!現在乗ってる5人に聞いてみた」…

akaneeyecatch 可愛らしい女性ハーレー乗りの行動力

先日遊びに行ってきた豊川で撮影した映像をちょっとずつ編集してまして、いくつかベリーShortバー…

eyeCatchTxt 旧車はトラブル多くて維持が難しい?!実際に乗ってる人たちから話を聞いてみた

このサイトとは別で運営しているYouTubeチャンネル。コメント入力を開放しているので毎日たくさ…

business 映像関連のサービスはじめます

先日渋谷を通ったら、一眼レフカメラ+ジンバルを片手に歩いている人たちが驚くほどたくさんいた。…

inoue_mach_dark YouTubeチャンネルで再生回数を上げる方法

このサイトとは別にこちらのYouTubeチャンネルを運営しています。撮影した映像をYouTu…

motosuko 自分の中の”引きこもり”を認める・・・

 最近また懲りずに「ツーリングアプリ」の設計を再開しました(ツーリングアプリの詳細はこちらの記事…

Suke 愛知県へ遠征&空冷ZやHarley-Davidsonたちを撮影

1年前に撮影した「カフェレーサー・ドキュメンタリー(風)映像完成!空撮したよ!」出演して…

okinawa_sky3 最近の若者は平気で○○する!?

最近、知っている人(知人という意味ではなく、主に芸能人・有名人で知っている人という意味)が頻繁に…

eyecatch スケート・カルチャー(仮題)

先日、高校の頃から遊んでいる友達に久々に会ってきた。吉祥寺で待ち合わせてたんだけど、皆が来れる時…

Business

  1. business
  2. motosuko
  3. kaigai
before_start2
  1. chiinEye
  2. Triumph
  3. 350ss
  4. eye
  5. impara_eye
  6. cb400four
PAGE TOP